Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~


ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、安達紙器工業、レナウンインクス、リレメントラボラトリー、西川製帽、三越伊勢丹、仙台三越、そごう・西武、名古屋三越、大丸松坂屋百貨店、阪急阪神百貨店、ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS

~4月の定休日~

3日(水)、10日(水)、17日(水)、24日(水)

 

 

 

~イベント情報~

 

1/26(金)~1/29(月) 『BROSENT オーダー会 in 大丸札幌店』終了しました

 

3/23(土)~3/24(日) 『BROSENT オーダー会 in 阪急メンズ東京』終了しました

 

4/13(土)~4/14(日) 『BROSENT オーダー会 in BLOOM shoelounge』終了しました

 

 

 

~限定・希少素材在庫状況~

 

数が増えてきたので専用ページを開設いたしました。

そちらをご覧ください。⇒『レザーリスト』

 

 

~ブログ&ニュース~

2024/4/17

毎週水曜日は定休日となっております。問合せの返信は木曜日以降となりますので予めご了承ください。

2024/4/16

『作例』にEx.1057を追加しました。人気カラー≪ミッドナイトネイビー≫でお作りしたダイヤモンドキャップサイドエラスティック≪Maria(マリア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『オフシーズンの革靴の保管方法』についてのご質問にお答えします。

2024/4/15

『ブログ』を更新しました。お客様から「修理とメンテンナス(お手入れ)お願いします」と続々と大きなバッグから合計5足の靴を出してきたのですが、全て福田洋平さんのビスポークシューズでした。

この仕事をしていても中々見る事の無い圧巻の光景です。

2024/4/14

『ブログ』を更新しました。本日はレザーソールが良いんだけど滑るのが嫌、と言う方に『こうしたら結構滑らなくなるよ』と言うお話です。

2024/4/13

『ブログ』を更新しました。ホールカット好き必見です。今回もスゴイ1足が仕上がりました。シャークスキン(サメ)をフルに活かしたデザイン「ホールカット≪モデル名:エリザベス≫」です。大迫力のお仕上がりをご覧下さい。

2024/4/12

『ブログ』を更新しました。本日は靴本体ではなく、靴を入れる箱、シューズボックスのお話です。こんな別注も作れちゃいますよ!

2024/4/11

『ブログ』を更新しました。この靴は本当に独特です。誰にも媚びずに我が道を行ってる!と言いますか。恐らく好き嫌いが出る靴メーカーかもしれません。でもそれが良い!それこそ本当の個性です!それでこそイタリア靴です!!私は大好きです。≪Stefano Bemer(ステファノ ベーメル)≫!染替え(リカラー)のご紹介です。

2024/4/10

毎週水曜日は定休日となっております。問合せの返信は木曜日以降となりますので予めご了承ください。

2024/4/9

『作例』にEx.1056を追加しました。これは豪華!『革の黒ダイヤ』と呼ばれる≪黒桟革≫の最新作≪ジェエルストーン≫を贅沢に使用したワンピースプレーントゥオックスフォード≪Elizabeth(エリザベス)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。短期連載『これがフリーカラーシステムだ!』。本日は≪Persian Blue(ペルシャンブルー)≫編です。

2024/4/8

『作例』にEx.1055を追加しました。スエードで有名なイギリス≪チャールズ・F・ステッド≫が生産するエンボスレザー=型押し革≪クロスボードショルダー≫でお作りした5アイレットプレーントゥダービー≪Norma(ノーマ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。フレンチな空気漂うお洒落なオーダーシューズのご紹介です。派手ではないけど決して地味ではない絶妙なアースカラーが最上級の上品さを醸し出します。フランス最古のタナリー「DEGERMANN(デギャーマン):Dauphin(ドーフィン)」でお仕立てしたお靴をご覧下さい。

2024/4/7

『ニュース』をアップしました。いよいよ来週末は新潟の名店≪BLOOM shoelounge≫様でのオーダー会開催です。そこで本日は過去のオーダー会で皆さんにお作り頂いたお靴の一部をご紹介しようと思います。

2024/4/6

『作例』にEx.1054を追加しました。女性のお客様にご注文頂いたアートシューズ系のダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。お馴染みのAlden(オールデン)コードバンの左右の色合わせのご依頼です。今回もかなりの左右の色の差が有ります。ブーツなので大仕事になりそうな予感です。

2024/4/5

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は米英の人気メーカーを2足。アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のチャッカブーツと、イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のフルブローグダービーの染替例のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。先日またしても難題がやって参りました!『革靴で走りたいんですけど。。。』。。。はたして!?

2024/4/4

『ブログ』を更新しました。何足も靴は持っているけど中々勇気が無くて手を出せない。だけど生涯で1度は履いてみたい!そんな憧れのエキゾチックレザーの靴。1足フルにリザード(トカゲ)使用したオーダーシューズは憧れの1足ですね。

2024/4/3

毎週水曜日は定休日となっております。問合せの返信は木曜日以降となりますので予めご了承ください。

2024/4/2

『作例』にEx.1053を追加しました。意外と人気あります。ムラ無しのダークブラウン、フランス≪アノネイ≫≪ボカルー≫の≪2761≫でお作りしたダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『メダリオンを使いこなそう!』なお靴のご紹介です。

2024/4/1

『作例』にEx.1052を追加しました。希少スエード、アフリカに住むウシ科の生物『クードゥ』のスエード≪クードゥーリバース≫のダークブラウンでお作りしたキャップトゥダービー≪Patricia(パトリシア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。靴を購入する時、一目惚れって有りますよね。色が気に入って購入したのに通常に履いていたら色がどんどん抜けてしまうご相談から染替え(リカラー)を行いました。