Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2020年7月の定休日

1日(水)、8日(水)、15日(水)、22日(水)、29日(水)

 

 

イベント情報

 7/3(金)~2020/7/26(日) 『2020 SUMMER SALE~BROSENTアンダイド2!』開催中。

 

 

 

 

 

2020/7/3

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は茶靴の黒染めを2足。イギリス≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーコレクションのブローグブーツと、アメリカ≪COLE HAAN(コールハーン)≫のモンクストラップの染替例です。

『ブログ』を更新しました。本日2020年7月3日(金)~「BROSENT SUMMER SALE 2020」がスタートです。世界的高級レザーでのオーダーシューズが総額から15%OFF。またお馴染み?の特別提供品レザーを今回も足数限定でご用意致しました。

2020/7/2

『作例』にEx.530を追加しました。イギリス≪チャールズ・F・ステッド≫の最高級カーフスエード≪スーパーバック≫の『最もイギリスらしい色』と言われる≪オールドスナッフ≫で作ったクォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。

『ニュース』をアップしました。いつも通り唐突ですが!7/3(金)より恒例の夏のセールを開始いたします!題して≪2020 SUMMER SALEのお知らせ~BROSENTアンダイド2≫。今回もなかなか凄いことになっております!

2020/7/1

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/6/30

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドメスティックブランドから。≪REGAL(リーガル)≫のチェルシーブーツと、≪MIHARA YASUHIRO(ミハラヤスヒロ)≫のイミテーションキャップの2足です。

『ブログ』を更新しました。先日靴好きの方なら1度はお名前を聞いたことがあるファッションライターのI氏が靴のフィッティング調整をしにいらっしゃってくれました。持って来ていただいたお靴がちょっと面白かったので今日はそちらのお話をいたします。

2020/6/29

『作例』にEx.529を追加しました。日本古来の色≪マンダリンオレンジ=蜜柑色≫で仕上げたダブルモンク≪レベッカ≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。お洒落に見えるのにお腹周りが楽ちん!ラバーメッシュベルトのご紹介です。ベルト1本変えるだけで一気に夏らしい装いになりますよ。

2020/6/28

『ブログ』を更新しました。今一度お伝えいたします。革靴の色を変える場合「染め替え」と「塗り替え」は全く異なります。「塗り替え」を行った場合はかなりの確率で悲惨な状態に。そうなる前に是非ご参考にして頂きたい内容です。

2020/6/27

『作例』にEx.528を追加しました。イギリス≪チャールズ・F・ステッド≫の最高級カーフスエード≪スーパーバック≫をベースに、サドル部分のクロコ型押しのヌメ革を≪シャドーブラック≫に染めた手の込んだコンビのローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は靴のつま先などに入れる穴飾り、メダリオンについのご質問にお答えします。

2020/6/26

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はイギリスとイタリアのクラシックブランドから。イギリス≪John Lobb(ジョンロブ)≫のキャップトゥと、イタリア≪a.testoni(テストーニ)≫のローファーの染替例です。

『ブログ』を更新しました。年代物のお靴の染替えのご紹介です。今回は2足の靴の染替え例をご紹介してます。

染替えた事でガラッと雰囲気が変わった2足をご覧ください。

2020/6/25

『作例』にEx.527を追加しました。ネイビーの同色異素材を使ったコンビのスライドキャップトゥ≪Vikey(ヴィッキー)≫のご紹介です。拘りはアッパーだけではなくソール周りにも満載です!!

『ブログ』を更新しました。少し前にご紹介したフランスの有名タナリー≪DuPuy(デュプイ)≫の撥水レザー≪Puma H≫。その革でお作りしたお靴の第1弾が上がってきたのでご紹介いたします!

2020/6/24

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/6/23

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は2足口でのご依頼。≪NORIEI(ノリエイ)≫のプレーントゥとパンチドキャップトゥの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。156回目の本日は快適なお散歩シューズのご紹介です。BROSENTはドレスシューズだけではありませんよ!

2020/6/22

『作例』にEx.526を追加しました。『ジャケット~カジュアルメインで使いたい』と言うご要望でお作りした、鮮やかなブルー≪オーシャンブルー≫で仕上げたショートウィング≪Turner(ターナー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。もはやお家芸?と言っても過言ではない程のご依頼を頂いている「コードヴァン シューズ」の色褪せ補修のご紹介です。今回はかなり激しい色褪せのお靴を補修致しました。

2020/6/21

『ニュース』をアップしました。本日はオーダーベルトの新オプションのご紹介です。これからの季節に絶対重宝する、と言うか自分が欲しかったメッシュベルトと、女性のお客様にもご利用いただける、細身の2.5cm幅を追加いたしました。

2020/6/20

『作例』にEx.525を追加しました。人気カラー≪New Urban Grey(ニューアーバングレー)≫を通常とは逆の≪リバースグラデーション≫で仕上げたダイヤモンドキャップのサイドエラスティック≪Maria(マリア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。革靴の定番色の1つ「ミディアムブラウン」。BROSENTのミディアムは「Renaissance Marron(ルネッサンスマローネ)」と言うオリジナルカラーでお仕上げ致します。歴史的絵画を思わせるような独特な仕上がりをご覧ください。

2020/6/19

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は2足とも英国靴(って言って良いかな?)。≪John Lobb(ジョンロブ)≫のエプロンフロントと、≪HML(マーガレットハウエル)≫のレースアップブーツの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はよく聞く『午前中は足が小さいので靴は夕方買った方が良い』と言う話の真実についてお話します。

2020/6/18

『作例』にEx.524を追加しました。今BROSENTに出来る全てを注ぎ込んだような渾身の1足。プレーントゥオックスフォード≪ホリー≫のご紹介です。断言できます。この素材、このスペック、更に幅の補正が付いた靴はこの価格では絶対に買えません!!

『ブログ』を更新しました。特殊なカラーになる程に合わせるベルトが見つからない。。。そんなお悩みはご無用です!

BROSENT(ブロセント)ではベルトもお好きな色に染色してお作りいただけます。

2020/6/17

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/6/16

『作例』にEx.523を追加しました。BROSENT、こんな真面目な靴も作れます!(;^_^A 『良い素材を使ってるな~!』というのが一目で分かるブラックカーフのキャップトゥ=ストレートチップ、≪Annie(アニー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。本日はスエードの染直しのお話です。本間先生がいないので勝手にやってみました。果たして。。。

2020/6/15

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日で400例達成です!!ご依頼の皆様本当にありがとうございます!

本日は茶系⇒黒への染替を2足。イギリス≪Edward Green(エドワードグリーン)≫のキャップトゥと、日本の≪WHEEL ROBE(ウィールローブ)≫のコードヴァンプレーントゥの染替例です。

『ブログ』を更新しました。やはり人気の≪ダブルモンクストラップ〔Rebecca(レベッカ)〕。お仕事の服装もカジュアルダウンするのでカラーシューズにチャレンジするのはこれからのシーズンがタイミング的にはオススメです!

2020/6/14

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第155回目の本日はカッコいいけど目立たない、という悲しい宿命を背負ったオプションのご紹介です。悲しい。。。(T_T)

2020/6/13

『作例』にEx.522を追加しました。某T社の有名なシリーズでも使用されている、ちょっとデッドストックっぽい雰囲気のレザーを使ったローファー≪Joan(ジョアン)≫のご注文のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。ガジアーノ&ガーリングの人気モデル「ANTIBES(アンティーブ)」の染替えを行いました。元々が雰囲気の良い「バーガンディー」のムラ染めでしたが「ブラックカラー」へ。スタイリッシュに変貌したお仕上がりをご覧ください。

2020/6/12

『作例』にEx.521を追加しました。ラウンドトゥラストBR-2を使ったトラディショナル顔のショートウィング≪ターナー≫のご紹介です。ソールですが履き心地が良くて滑らないように、と言うことで最近流行りの柔らか革底&ゴムトップで作ってみました。

『ブログ』を更新しました。本日はオーダーのオプションのご紹介です。それだけ見たら結構変わってるけど、恐らく自己申告しないと誰にも気付いてもらえない。。。そんなディティールが個人的に大好きです!

2020/6/11

『作例』にEx.520を追加しました。雨用でお作りいただいたシャークスキンのスクエアフロント≪Stella(ステッラ)≫です。シャークスキンは『傷つかない』『水を弾く』『軽くしなやか』と言う特性があり、BROSENTでも人気の素材です。

『ブログ』を更新しました。オリジナルカラーの「Persian Blue≪ペルシャンブルー≫」は海外の澄んだ海の様な、幻想的な「青」をイメージしたカラーです。一見「鮮やかな青」に言えると思いますが、ちょっとした工夫で幻想的な色に仕上がります。

2020/6/10

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/6/9

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は対照的なブランドからオンとオフを1足ずつ。イギリス≪John Lobb(ジョンロブ)≫のクウォーターブローグと、イタリア≪Santoni(サントーニ)≫のスリッポンの2足です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日のご質問は『しぼ革と型押しってどう違うんですか?』です。皆さん、分かりますか?

2020/6/8

『作例』にEx.519を追加しました。久々に来ました!『店員さんが履いている奴と同じの』でオーダーしていただいたコンビのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。BROSENT(ブロセント)で作るカジュアルシューズは「カントリー調」に仕上げても何故か「都会的」な雰囲気が。カジュアルダウンする夏のビジネススタイルの足元に是非おススメする1足をご紹介します。

2020/6/7

『作例』にEx.518を追加しました。『お靴好きですよね?』と聞きたくなる拘り満載のスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご注文を頂きました。

『ブログ』を更新しました。リザードレザー(トカゲ革)でオーダーシューズ受注を頂きました。ボルドーワインの様に鮮やか且つ深みの有るボルドーカラーでの受注。準備開始です!

2020/6/6

『作例』にEx.517を追加しました。デザイン、カラー、仕様共に至極真っ当生真面目なキャップトゥ≪Lily(リリー)≫。。。ですが、こちら何と女性のお客様からのご注文!!某ショップの販売員さんだそうです。それを聞いて納得です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。154回目の本日は≪ムラ感があまり好きではない≫と言う方にお勧めの革でお作りした靴のご紹介です。

2020/6/5

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドレスシューズを2足。フランス≪Berluti(ベルルッティ)≫のイミテーションキャップトゥと、イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のエプロンフロントダービーの染替え例です。

『ブログ』を更新しました。スペクテーターシューズ(コンビシューズ)好きの方は特に必見!王道「白×黒」のコンビシューズと有りそうで中々見つからない「白×茶」のクラッシック且つモダンなスペクテーターシューズ(コンビシューズ)のご紹介です。

2020/6/4

『作例』にEx.516を追加しました。作例が12ページ目に突入いたしました!!本日は同色異素材のグレーを使ったコンビのローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。春夏足元を重くしがちな黒靴の代わりにグレーは持ってると結構便利ですよ!

『ブログ』を更新しました。シンプルなデザインでこの夏注目のデザイン「ヴァンプローファー≪Kelly(ケリー)≫のご紹介です。ブラックカラーをベースにエレガントなパープルをアクセントにした美しいお仕上がりをご覧下さい。

2020/6/3

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/6/2

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はフランスのトータルブランド≪ANATOMICA(アナトミカ)≫のレースアップブーツと、日本が誇る靴ブランド!(笑)≪BROSENT(ブロセント)≫のダブルモンクの2足です。

『ブログ』を更新しました。本日はコードヴァンの染替えのお話です。どんな感じになっている物をどう染め直したか実例付きでご紹介します!

2020/6/1

『作例』にEx.515を追加しました。人気のオリジナルカラー≪ミッドナイトネイビー≫をベースにフェイシングにイタリア製エンボスレザー≪ベルーガ≫をあしらったお洒落なスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は時事ネタ。アルコール消毒液の染みが取れるか?取れないか?と言うご質問にお答えします。

2020/5/31

『ニュース』をアップしました現在開催している≪予約割キャンペーン≫ですが、まずまずのご好評と、店内の密をギリギリまで抑えるため期間を延長させていただきます!!

『ブログ』を更新しました。またまたご依頼頂きました。スコッチグレインの≪スパイダー≫の染替えです。

かれこれもう何足目でしょうか。ライトブラウンをネイビーブルーに染替えたスパイダーを御覧ください。

2020/5/30

『ニュース』をアップしました。この度5月25日の緊急事態宣言解除に伴い6月1日より通常通りの営業に戻すことにいたします。

『ブログ』を更新しました。これからの季節、革靴は暑苦しい・・・そう思う方は多いかもしれませんが!!この靴を見ていただければその考えは吹き飛びます。突き抜ける爽やかさ!「ターコイズブルー」のレザーシューズのご紹介です。

2020/5/29

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第153回目の本日は『黒靴だって楽しめる!』なお靴のご紹介です。黒靴しか履けないという方必見です!

2020/5/28
『作例』にEx.514を追加しました。『自分だけの1足が欲しい』というご要望が叶った1足。ブラックカーフとネイビースエードを使ったコンビのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。
『ブログ』を更新しました。ついつい頼ってしまう安心感抜群の「エース級」の靴ってお持ちですか?今回ご紹介する靴はおそらくそんな1足になるのではないかと思います。春夏に大活躍「タッセルローファー」のご紹介です。

2020/5/27

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/5/26

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はコンチネンタルな2足。オーストリア≪SAINT CRISPIN'S(サンクリスピン)≫のエプロンフロントと、イタリア≪a.testoni(ア・テストーニ)≫のイミテーションキャップの染替え例です。

『ブログ』を更新しました。緊急事態宣言解除されましたね!とは言えまだまだ油断は禁物!気を付けて過ごしましょう!本日は自粛中靴棚を整頓していた際に見つけた、かなり珍しいお靴を3足ほどご紹介させていただきます。

2020/5/25

『作例』にEx.513を追加しました。本日はBROSENTで『ストレートチップより汎用性高いですよ!』とお勧めしているプレーントゥオックスフォード≪Grace(グレース)≫のご紹介です。結構お安く出来ました!

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は靴の中で音がする、俗に『革鳴り』『シャンク鳴り』と言われる現象の理由と対処法のお話です。

2020/5/24

『作例』にEx.512を追加しました。赤みのある紫≪Purple rain(パープルレイン)≫をベースにリボンや履き口にレッドのカーフをあしらった相当オシャレなリボンタッセルローファー≪Hanna(ハンナ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。暑い日も暑苦しく見せない!爽やかな1足をご紹介。「オーシャンブルー」と言う美しいブルーで染め上げたこれからの季節にピッタリの1足をオーダー頂きました。

2020/5/23

『作例』にEx.511を追加しました。ブラックカーフで締まった感じのするエプロンフロントダービー、ユーチップの≪Leila(レイラ)≫のご注文を頂きました。これならカチッとした場でなければスーツでも合わせられそうです。

『ブログ』を更新しました。貴方は革底派ですか?ゴム底派ですか?本日は革底を滑りづらくする簡単な方法を教えちゃいます。

2020/5/22

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はカジュアルシューズを2足。お馴染み(?)≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンプレーントゥと、≪Paraboot(パラブーツ)≫のユーチップの染替え例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第152回目の本日は英国製の素材のみで仕立てた日本製英国靴(?)のご紹介です。

2020/5/21

『作例』にEx.510を追加しました。快適歩行をお約束する『クッション性抜群』『軽い』『減らない』ソール、イタリア≪ヴィブラム社≫≪ガムライトシリーズ≫の≪ケープタウン≫を取り付けたお散歩ローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。春夏の定番シューズ「タッセルローファー」その中でもファッション性が高く大注目の「リボンタッセルローファー」のご紹介です。エレガントに仕上がった1足をご紹介致します。

2020/5/20

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/5/19

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は2足とも≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーコレクションです。1足は顔料剥がれ(甲にご注目)補修で染直したブローグブーツと、グレーの顔料落しからの黒へ染替えたブローグシューズです。どちらも超大変です。。。(T_T)

『ブログ』を更新しました。本日は靴のライニング、裏張りの革についてのお話です。今日の話を聞いたら『それは気になる!今度からちゃんと選ぼう』と思うこと間違いなしです。

2020/5/18

『作例』にEx.509を追加しました。物凄くスマートな印象のダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。フランス≪アノネイ≫の≪ボカルーカーフ≫をハンドポリッシュで仕上げました。クリームでもここまで光沢を出せますよ。

『ブログ』を更新しました。ハイシャイン(鏡面磨き)のお問合せやご質問がやはり多いです。靴を大切にする為にはハイシャインは必要なのか?皆様はどう思われますか?

2020/5/17

『作例』にEx.508を追加しました。店舗に置いてあるデザインサンプルを気に入っていただき、ほぼ同じカラーと仕様で作らせていただいた、爽やかなブルー≪オーシャンブルー≫で仕上げたモカシンヴァンプ≪ケリー≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。靴用のブラシって何で黒い毛のと白い毛が有るの?そんな素朴なご質問にお答えします。

きっと外出自粛が長引いて家で靴磨きに初めて挑戦しようという方達が増えてるのでしょう。是非ご参考にしてみて下さい。

2020/5/16

『作例』にEx.507を追加しました。珍しく(?)ブラックカーフのキャップトゥが続きました。先日ご紹介した≪Lily(リリー)≫とは別のモデルで、こちらは≪Annie(アニー)≫と言います。違いが分かりますか?

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『ホールカットの由来やフォーマル度は?』と言うご質問にお答えします。

2020/5/15

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はコンチネンタルな2足です。フランス≪Corthay(コルテ)≫のプレーントゥダービーと、イタリア≪Salvatore Ferragamo(サルバトーレフェラガモ)≫のビットローファーの染替え例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第151回目の本日はグリーンな靴のご紹介です。緑好きの方はもちろん、それ以外の方も是非ご覧ください。

2020/5/14

『作例』にEx.506を追加しました。『冠婚葬祭用にも使える一張羅が欲しい』というご用命でお作りさせていただいた、ブラックカーフのキャップトゥ≪リリー≫のご紹介です。汎用性ではプレーントゥに劣りますが、『ここ一番の1足』と言うことでしたらやはりキャップトゥしかないでしょう。

『ブログ』を更新しました。その時の仕上がりが「最高」。2度と同じ仕上がりには出来ない事から特別感の有る1足に仕上がります。そんなオーダーシューズで人気の仕上げ「Mカーフ風 仕上げ」でご注文頂きました。

2020/5/13

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/5/12

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は前回に引き続き≪Paraboot(パラブーツ)≫のエプロンダービーと、私が昔働いていた≪Trading Post(トレーディングポスト)≫のセンターエラスティックの2足です。

『ブログ』を更新しました。本日は他所ではお目にかかれない何とも神秘的なオリジナルカラー≪Persian Blue(ペルシャンブルー)≫のご紹介です。

2020/5/11

『作例』にEx.505を追加しました。ブラックの下から他の色が透けて見えるオリジナルカラー≪シャドーブラック≫で仕上げたショートウィング≪ターナー≫のご紹介です。暗いところで見ると黒靴に見えるので、黒しか履けない職場の方でもOK。。。かもしれません。。。(;^_^A

『ブログ』を更新しました。最近季節柄雨用のお靴のオーダーが増えております。そこで本日は雨用で使用できるアッパー素材のご紹介をしようと思います。雨靴をお探しの方は是非ご覧ください!!

2020/5/10

『作例』にEx.504を追加しました。赤みの少ないダークブラウン≪トラディショナルブラウン≫で仕上げたダイアモンドキャップ≪ライレー≫のご紹介です。ネイビーやグレーなどとも相性が良く、ビジネスシーンで大活躍間違いなしの1足です。

『ブログ』を更新しました。JM.ウェストン ローファー 180の染替えのご依頼です。染料仕上げの透明感の有る仕上がりにご好評頂いてます。

2020/5/9

『作例』にEx.503を追加しました。フランスの名門≪Haas(アース)≫社の細かいエンボスレザー≪Derby(デルビー)≫をベースに仕立てたタッセルローファー≪Emma(エマ)≫のご紹介です。カーフより通っぽく見えます!

『ブログ』を更新しました。皆さんの靴に関する様々な疑問、質問にお答えする『BROSENT知恵袋』。本日は前回に引き続きシューツリーに関するご質問です。

2020/5/8

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はダークブラウンからブラックに染替えたドレスシューズを2足。イギリスの≪Alfred Sargent(アルフレッドサージェント)≫のパンチドキャップトゥと、フランスの≪Paraboot(パラブーツ)≫のエプロンフロントの染替例です。

『ブログ』を更新しました。英国メーカーの高級靴の雰囲気を!独特なムラ感を再現すべく染色した「Mカーフ風仕上げ」のオーダーシューズのご紹介です。

2020/5/7

『作例』にEx.502を追加しました。色を重ねて重ねて作るため全く同じ色は二度と出来ないアート作品のようなオリジナルカラー≪ジュエルビートル≫で仕上げたプレーントゥオックスフォード≪Holly(ホリー)≫のご紹介です。この手のカラーはシンプルなデザインが良く合いますね。

『ブログ』を更新しました。靴好きのビジネスマンにとって今や必須の1足、ダブルモンク。BROSENT程色展開が充実している店は他にないですよ!!

2020/5/6

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/5/5

『革の染替え』の施術例を追加しました。ついに来ました、この組み合わせ!英国の2台巨頭≪John Lobb(ジョンロブ)≫のダブルモンクと、≪Edward Green(エドワードグリーン)≫のキャップトゥの染替例です。

『ニュース』をアップしました。BROSENTでは現在自宅にいながらオーダーできる≪Web割≫を開催中です。更に本日より≪予約割≫を追加いたします!

2020/5/4

『作例』にEx.501を追加しました。赤みを帯びたダークブラウン≪マーブルチョコレート≫で仕上げたローファー≪ジョアン≫のご注文を頂きました。ダークブラウンは比較的何にでも合わせやすいんですが、お洋服が軽くなるこれからの季節はちょっと見た目が重くなりがちです。こちらがお勧めですよ!

『ブログ』を更新しました。黒の下から他の色が透けて見える≪シャドーブラック≫をダークブラウンでやってみました。個性的な1足のご紹介です。

2020/5/3

『作例』にEx.500を追加しました。作例もついに500台に突入しました!!記念すべき500足目は『The Classic Spectator』、黒×白コンビの≪Claire(クレア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。150回目の本日は今個人的に気になっている色で作ったお靴のお話です。

2020/5/2

本日は定休日となっております。今月は新型コロナ蔓延の影響で変則営業となっております。毎週水曜日と土曜日がお休み、営業時間は13:00~20:00とさせていただきます。お問合せの返信は日曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/5/1

『作例』にEx.499を追加しました。BROSENTの標準仕様=ほぼフルスペックでお作りしたスクエアフロントプレーントゥダービー≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。今人気の≪Mカーフ仕上げ≫で仕上げました!

『ブログ』を更新しました。BROSENTに幻の?限定モデルが有る事はご存じですか?GW期間中のみ受注可能のスペシャルモデルその名も「Goldie(ゴールディー)」今年も再び登場です。