Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2019年6月の定休日

5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)

 

イベント情報

 ・2019S/S新作タッセルローファー≪Emma(エマ)≫発売開始記念フェア開催中。詳しくは⇒『こちら』

 

 

 

 

 

2019/6/26

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2019/6/25

革の染替え』の施術例を追加しました。本日は私と関連性のある2ブランドから。ドメスティックブランド≪RENDO(レンド)≫のキャップトゥ(RENDOの代表吉見さんは私の前職時代当時私が働いていた会社の担当さんでした)と、英国王室ご用達≪Tricker's(トリッカーズ)≫のブローグブーツ(20年間付き合っていたんで、社長さんとも仲良しです)です!

『ブログ』を更新しました。全国の靴好きの方に!本日は靴収納の革命児、ファイバー製シューズボックスのご紹介です!

2019/6/24

『作例』に.393を追加しました。本日はブラックのカーフでお作りしたローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。『オンタイムに使うローファーってこんなでしょ!?』という出来栄えとなっております。

『ブログ』を更新しました。SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のスパイダー。その個性的なデザインにファンが多い靴です。定期的にご依頼の入る「黒への染替え」その理由は、元々黒の展開が無い様です。黒に染色したスパイダーをご覧下さい。

2019/6/23

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日はアッパーのパッチ修理、チャールズパッチのお話です。BROSENTの手にかかればチャールズパッチもこんなにお洒落に出来ちゃいます!!

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第106回目の本日はオジサンっぽく見えがちなグレーの服を華麗に変身させる靴のご紹介です!ビジネスマン必見です!

2019/6/22

革の染替え』の施術例を追加しました。本日はスリッポンを2足。BROSENTでは珍しい≪GUCCI(グッチ)≫のローファーと、最近ご依頼の多い≪ALDEN(オールデン)≫の染みが付いてしまったコードヴァンの黒への染替え例です。

『ブログ』を更新しました。今回は最高に素敵過ぎるオーダーシューズのご紹介です。全体に「リザード(トカゲ)」の革を使用しました。モデルは「サイドエラスティック(レイジーマン)」人気の「Maria(マリア)」をお選び頂きました。ダイヤモンドキャップのサイドエラスティックと言うだけでもオーダー感抜群ですが更に「リザード」とは。これは素敵過ぎますよ☆

2019/6/21

『作例』に.392を追加しました。カントリー調でまとめたスクエアフロント2アイレットプレーントゥ≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。合うテイストでまとめるとこんなに統一感のあるカッコ良い靴が出来ますよ、と言う好例だと思います。

『ブログ』を更新しました。靴で一番大事なのはとにかくサイズが合っているかです!!本日は『誰でも分かる、ぱっと見で分かる』大きい靴の判断の仕方をご紹介します。

2019/6/20

『ブログ』を更新しました。『パティーヌ染め』無料でお受け致します。 パティーヌ染めとは何色もの色を重ねて染色する事で生まれる工芸品の様な染色技術を施した技法です。 BROSENT(ブロセント)のオーダーシューズではこのパティーヌ染めに「追加料金」は掛かりませんのでアンダー10万で憧れのパティーヌ染めのお靴をお作りいただけま!

2019/6/19

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2019/6/18

革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドレスシューズを2足。ラオス生産の台湾ブランド≪神匠(しんしょう)≫のクウォーターブローグと、イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のショートウィングです。後者は染直しですが、見事な復活ぶりでご覧になったら『俺のもいけるかな?』と思う事請け合いです!!あ、因みにこの靴designed by 私です。。。(;^_^A

『ブログ』を更新しました。カラフルな色に染められたパーツは新作「タッセルローファーEmma(エマ)」のオーダー受注品です。ここまで手の込んだ1足は世界中を探しても中々お目に掛からないと思います。BROSENT(ブロセント)が世界に先駆けて??挑戦します☆

2019/6/17

『作例』に.391を追加しました。純標準仕様のブラックのダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。必要な物以外不要なものは全て省いた超高純度の1足です。BROSENTの基本の基が分かる1足となっております。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第105回目の本日は『カジュアル感を出したい時に選ぶべき仕様』のお話です。仕様によって全体の雰囲気が変わるので慎重に選びましょう!

2019/6/16

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日はかなりマニアックな靴のオーダーについてのお話です。これから靴を始めたい方、今扱っている靴に満足していない方、必見です!!

『ブログ』を更新しました。使用する素材のクォリティーを落として価格を安くすると言う考え方では無く、世界の一流靴メーカーが使用する素材でもマイナスオプションで価格が安くなる。それが適正価格だからです。BROSENTのオーダーシューズは既成靴よりもお買い得だと思いますよ。

2019/6/15

『作例』に.390を追加しました。本日は今季の新作タッセルローファーの≪Emma(エマ)≫のご紹介です。アッパーとタッセル&三つ編み&履き口のパイピングの色が異なるコンビタイプです。オール手染めなのでお好きなお色で作ることが出来ますよ!

『ブログ』を更新しました。今月はジューンブライドです。本日は結婚式用の靴のお話です。式後の使用法を書いたものがあまりないようなので、書いてみました。

2019/6/14

革の染替え』の施術例を追加しました。本日は黒の染替え例を2足。イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のユーチップはライトブラウンからブラックへ、イタリア≪Branchini for Otsuka(ブランキニーニfor大塚)≫は白っぽくなった黒の仕上直しです。

『ブログ』を更新しました。夏の定番「ホワイトレザー」。白く爽やかな革靴はすぐに汚れますね。白さを保ちキレイに履くコツ!それは当たり前の事をしっかりとやってあげる事が1番の方法です!

2019/6/13

『作例』に.389を追加しました。茶靴を履かない私に『これ履きたい。。。』と思わせたカーフ&スエードを使用したコンビのフルブローグ≪Claire(クレア)≫のご紹介です。コンビを前提としてデザインされたモデルだけに秀逸だと思います!

『ブログ』を更新しました。本日は雨に強い靴と雨対策のお話です。これを読めば梅雨の季節も安心して過ごせますよ!!

2019/6/12

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2019/06/11

『ブログ』を更新しました。レザーソール(革底)穴が開くまでそのまま何もしないで履いてませんか?靴を大切にするなら細かな場所にも気を使ってあげて下さい。1歩でも多く履ける様に!レザーソールのケアをしましょう!

2019/6/10

『作例』に.388を追加しました。オーソドックスなブラックカーフのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。甲幅が広い上に薄いお足のお客様で幅補正とインソール補正のダブル補正で対応させて頂きました。こんなのオーダーでないと出来ません!

『ブログ』を更新しました。本日は『きつい靴』のお話です。一言で『きつい!』と言っても2種類のケースがございます。もちろん対応方法も異なります。足の痛い方必読です!!

2019/6/9

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は2018A/Wに登場した内羽根式レースアップ≪Dorothy(ドロシー)≫のお話です。これを読めば内羽根と外羽根の違いや起源が分かる豆知識付きです。

『ブログ』を更新しました。関東地方「梅雨入り」そこで雨に強い!滑りにくい!お手入れが楽!そんなこの季節ピッタリなオーダーシューズのご紹介です。希少革「シャークスキン(サメ革)」を使用したスペシャル且つ実用性を兼ね備えた1足が仕上がりました。

2019/6/8

『作例』に.387を追加しました。こちらで3足目の常連、Y様の新作。型押しとスエードを使ったコンビのユーチップ≪Leila(レイラ)≫のご紹介です。明るめのカラーで統一した見た目も、幅補正4ヵ所の履き心地も申し分なし、だそうです!

『ブログ』を更新しました。本日はメダリオンのお話です。入れるとどのように印象が変わるのか?同型、同色モデルで比較してみましょう。

2019/6/7

革の染替え』の施術例を追加しました。本日は日英のゴツ目シューズを2足。ご存知≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーシューズと、≪ROLLING DUB TRIO(ローリングダブトリオ)≫のエレファントレザーのレースアップブーツです。

『ブログ』を更新しました。革靴の履きジワのひび割れの原因。今回は顔料塗装が原因で起こってます。スペインの高級靴「MAGNANNI(マグナーニ)」を完全復活します。

2019/6/6

『作例』に.386を追加しました。トップリフトを≪コンチネンタル≫にした以外ほぼフルスペックでお作りしたキャップトゥ≪リリー≫のご紹介です。いずれも既成靴なら10万円オーバーのインポート靴に用いられるような仕様となっております。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第104回目の本日は2度と同じ色は出来ない1点物の玉虫色のお靴のご紹介です。

2019/6/5

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2019/6/4

革の染替え』の施術例を追加しました。本日は人気の2ブランド。イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のクウォーターブローグと、フランス≪Paraboots(パラブーツ)≫のユーチップの2足です。

『ブログ』更新しました。検証!グルカサンダルは素足で履くか?ソックス(靴下)で履くか?夏の新定番シューズグルカサンダルを掘り下げてご紹介します。

2019/6/3

『作例』に.385を追加しました。お目立ち度120%。オリジナルカラー≪Jewel Beetle(ジュエルビートル)≫のスペシャルバージョンで仕上げたローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。エグイです!!

『ブログ』を更新しました。本日は他店で行われた顔料による色替えを、染料で染直した例をご紹介致します。染替えをお考えの方必見です!

2019/6/2

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日はダブルモンクのバックルのお話です。バックルに拘るとダブルモンクの新しい楽しみ方が増えてきますよ!!

『ブログ』を更新しました。タッセルローファーにハイシャイン? BROSENTではおススメしません・・・何故って?カジュアル靴にパーティーシーン用の光沢感。。。なんかアンバランスじゃないでしょうか?「ハンドポリッシュ」位が丁度良いと思います☆

2019/6/1

『作例』に.384を追加しました。『黒のストレートチップはフォーマルに特化した靴だから意外と使用範囲が狭いんだよ~!内羽根の黒のプレーンならスーツやジャケットはもちろんフォーマルもカバーできて便利だよ~!雑誌を鵜呑みにしないで~』と言う事で人気のブラックカーフの≪Grace(グレース)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第103回目の本日は革底の滑り対策にポルシェと同じ部材を使った靴のお話です。