Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、安達紙器工業、レナウンインクス、リレメントラボラトリー、西川製帽ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2021年6月の定休日

2日(水)、9日(水)、16日(水)、23日(水)、30日(水)

 

 

 

『緊急事態宣言』発令に伴う営業

東京都は4月25日(日)~5月31日(月)までの期間『緊急事態宣言』が発令されることになりましたが、靴屋は『生活必需物資販売施設』とみなされ休業要請対象外となります。これまで通り消毒や換気に気を配り通常通り営業させていただきます。

詳しくは⇒ニュース『緊急事態宣言に伴う営業について』

 

 

 

イベント情報です

6/6(日)~6/13(日)   第1回BROSENT公式”中の人”による独断割引の受付は終了いたしました。

 

6/19(土)~6/20(日) オーダー会 in そごう横浜店『そごう横浜店 オーダーイベント開催のお知らせ』

 ※目黒の店舗も通常通り営業しております。ただし小さいサイズ(22.0~22.5)と大きいサイズ(28.0以上)のフィッティングサンプルがございませんので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

限定・希少素材在庫状況

Photo

名前 / 色

解説

希少性

在庫状況


Elephant(エレファント) / Grey

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Red Brown

J&FJ Baker(英)

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Black

J&FJ Baker(英)

少し余裕あり


Shark Skin(シャーク)/ Grey

特大

残り僅か


黒桟革/ Black

坂本商店(日)

少し余裕あり


Derby(デルビー)/ Blue

Haas(仏)

完売


Derby(デルビー)/ Gold

Haas(仏)

残り僅か


Embos Crocodile(エンボスクロコ)

完売


Couchevel(クシュベル)/ Indigo

Du Puy(仏)

特大

残り僅か


Dauphin(ドーフィン)/ Black
DEGERMANN(仏)

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Black

Du Puy(仏)※撥水レザー

残り僅か


Puma H(プーマH)/ Brown

Du Puy(仏)※撥水レザー

少し余裕あり


Utah Calf(ユタカーフ)/ Black

Haas(仏)

残り僅か


名称非公開/ Black

Haas(仏)

少し余裕あり


 

※在庫にない物もお探しいたしますので『こんな革(色)が欲しい』と言うことがあったらお気軽にご相談ください。

2021/6/14

『作例』にEx.673を追加しました。コードヴァンを使ったペニーローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。カーフに比べるとやはり重厚感がありますね。

『ブログ』を更新しました。やっと梅雨入りしたのに毎日暑いですね。季節はすっかり夏です。と言う事で夏におススメのスエードシューズのご紹介です。夏なのにスエードがオススメとは??

2021/6/13

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は人気のデザイン≪カントリーシューズ≫のドレス使いについてのご質問にお答えさせていただきます。

2021/6/12

『作例』にEx.672を追加しました。スタイル、色共にクールなスクエアフロントの2アイレットプレーントゥダービー≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。染替えの施術例をご紹介致します。『Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ』≪CAMBERKEY(キャンベリー)≫です。染替え後もエイジングを実感できる仕上げが人気の理由です。

2021/6/11

『作例』にEx.671を追加しました。カッコいいと思うんだけどな~、ドレスでバチっと履いたら。。。と思うショートウィングオックスフォード≪Turner(ターナー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。本日はオーダー靴に付く箱のお話です。今回ご注文頂いた箱。。。その拘りは最早変態の領域です。。。(^▽^;)

2021/6/10

『ブログ』を更新しました。話題のレザー『黒桟革(クロザンガワ)』で作ったオーダーシューズが完成。その仕上がりは想像を遥かに超えた素晴らしい出来栄えでした。この感動を是非皆様にも体感して頂きたいです。

2021/6/9

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/6/8

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドメスティックを2足。ビスポークメーカー≪Takayuki Maruyama(タカユキマルヤマ)』のセミブローグオックスフォードと、≪Union Imperial(ユニオンインペリアル)≫のセミブローグダービーの染替例です。

『ニュース』をアップしました。≪Puma H≫にてご注文頂いているお客様へ。生産状況のお知らせです。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は経年変化(エイジング)が楽しめるライトブラウンございます、なお靴のご紹介です。

2021/6/7

『作例』にEx.670を追加しました。手染めの≪ミッドナイトネイビー≫と、英国製最高級カーフスエード≪スーパーバック≫の≪ローヤル≫でお作りしたダイヤモンドキャップのサイドエラスティック≪Maria(マリア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。オーダーシューズが売れてます。靴を履いた時にその人の気持ちや考え方、人生観までは大げさかもしれませんが、大きく前向きに向上して貰えるような靴をご提案させて頂いてます。

2021/6/6

『ニュース』をアップしました。また面白い企画を思いつきました。題して『BROSENT公式”中の人”による独断割引!』。サイトをより良くするためにご協力お願い致します!!

2021/6/5

『作例』にEx.669を追加しました。私が個人的に今一番気になっている色、日本では青紫、江戸紫と呼ばれ、BROSENTでは≪ディープパープル≫と呼ばれる色で仕上げたダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ニュース』をアップしました。イベント開催情報です。ご好評いただいております「そごう横浜店」様でのオーダーシューズ受注イベントが開催決定です。普段目にする事も難しい希少革を多数ご用意してお待ちしております。

2021/6/4

『作例』にEx.668を追加しました。少し濃いめの≪ディープグリーン≫で仕上げたご存じ(?)GW限定受注モデル、ダイヤモンドキャップダブルモンクの≪Goldie(ゴールディー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。人気のバックルシューズ、モンクストラップ。シングルとダブルがありますが、見え方に違いがあるのご存知ですか?選ぶ際の参考になさってください。

2021/6/3

『ブログ』を更新しました。手染めで仕上げる靴はその1足1足に作業者の気持ちが詰まってます。価格以上の価値を感じて頂けたら嬉しいですね。

2021/6/2

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/6/1

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はオンとオフのお靴をご紹介。イギリス≪Tricker's(トリッカーズ)≫のモンキーブーツと、日本のビスポークメーカー≪Takayuki Maruyama(タカユキマルヤマ)』のパンチドキャップの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は業界内でも評価急上昇、フランス『Haas(ハース)』を代表する皮革『ユタカーフ』に関する質問にお答えます。

2021/5/31

『作例』にEx.667を追加しました。黒の下から下地の色が透けて見えるBROSENT独自のカラー≪シャドーブラック≫で仕上げたプレーントゥオックスフォード≪Grace(グレース)≫のご紹介です。

「ブログ」を更新しました。コードヴァン変異種が拡大中。今まで何十足も直してきた事から黒のコードバンの靴が変色して赤くなるトラブルの殆どが単純な理由でした。

2021/5/30

『ニュース』をアップしました。BROSENTの革コレクションに新たなタナリーが登場です。フランス最古のタナリー≪DEGERMANN(デギャーマン)≫の≪Dauphin(ドーフィン)≫が追加されました!

2021/5/29

『作例』にEx.666を追加しました。最もイギリスらしいスエードカラーと言われる≪オールドスナッフ≫でお作りしたトラディショナルなスエードローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。職人は機械じゃ有りません。同じ染色の仕事の中で得意な事も有れば苦手な事も有るのが現実です。今回は苦手な事が2つ重なってしまった職人泣かせのオーダーシューズのご紹介です。歴史さえ感じさせる温かみを表現しました

2021/5/28

『作例』にEx.665を追加しました。人気の≪ニューアーバングレー≫を、トゥに向けて色が薄くなる珍しい≪リバースグラデーション≫と言う仕上で仕上げたスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『BROSENTのオーダーはユニセックスですよ~』というお話です。

2021/5/27

『ブログ』を更新しました。決して流行りものではない。ただ自分の為だけに作る特別な1品。そんな1品を手にした時の喜びは格別です。今回はそんな1足のご紹介です。

2021/5/26

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/5/25

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は染替え初登場かな?メンズとレディースから1足ずつ。メンズは≪PRADA(プラダ)≫のフルブローグ。レディースは20年以上前に私も取引したことがあるフランスのサボメーカー≪BOSABO(ボサボ)≫の。。。当然サボです。。。

『ブログ』を更新しました。この春登場した2つのアイテム、ソックスの≪IL REGALO(イルレガロ)≫とハットの≪BUNJIROW(文二郎)≫。本日はこの2つのアイテムを使ってみての個人的な感想をご紹介しようと思います。

2021/5/24

『作例』にEx.664を追加しました。14~16世紀、イタリアを中心に花開いたルネサンス。その時代に描かれた絵画をイメージして考案されたとっても高尚な(笑)ミディアムブラウン≪ルネッサンスマローネ≫で仕上げたリボンタッセル≪Hanna(ハンナ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。世界に誇る日本の技術!姫路 黒桟革(クロザンガワ)その美しさは世界的に見ても唯一無二です。日本を代表する靴メーカー「セントラル靴」と日本が誇る最高の革で仕立てるオーダーシューズが実現します。

2021/5/23

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はビジネスとフォーマルを兼用させるならどんな靴が良いのか?と言うご質問にお答えいたします。

2021/5/22

『作例』にEx.663を追加しました。オリジナルカラーのダークブラウン≪トラディショナルブラウン≫を≪Мカーフ≫で仕上げたエプロンフロント≪Leila(レイラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。差し色としてもオススメ。上品で華やかなのに合わせやすく足元に持ってくる事で全く新しい印象を与えてくれる靴!第一印象抜群の素敵な色。それはバーガンディーやボルドーです。

2021/5/21

『作例』にEx.662を追加しました。カーフ&スエードの同色異素材コンビでお作りしたダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。

『ニュース』をアップしました。日本古来の伝統技法である『なめしの技術』と『漆塗りの技術』を融合させて作られる大変貴重な皮革『黒桟革』。『革の黒ダイヤ』の異名を取る『黒桟革』がBROSENTでオーダー可能になりました!

2021/5/20

『ブログ』を更新しました。女性の憧れ『クリスチャン ルブタン』 エレガントの代名詞『クリスチャン ルブタン」がハードな雰囲気にイメージチェンジ??前代未聞のスペシャルケアのご依頼です。

2021/5/19

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/5/18

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は対極なスタイルを持つ英仏のお靴を2足。イギリス≪Church's(チャーチ)≫のフルブローグと、フランス≪Berluti(ベルルッティ)≫のローファーの染替例です。

『ニュース』をアップしました。BROSENTに新しい取扱アイテムが加わりました。日本を代表する老舗帽子メーカー、≪西川製帽≫さんの≪BUNJIROW(文二郎)≫です!

2021/5/17

『作例』にEx.661を追加しました。現在は廃版になってしまったフランス≪DuPuy(デュプイ)≫製の≪Couchevel(クシェベル)≫を使ったシングルモンク≪Sidney(シドニー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。ロシアンカーフの靴をお探しの皆様お問合せ下さい。超希少革「ロシアンカーフ」でオーダー頂いたお靴が続々と仕上がってきました。これだけの足数が一度に揃うと圧巻の光景です。

2021/5/16

『ニュース』をアップしました。Puma Hをご注文のお客様へ。生産状況に関するお知らせです。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日はパーツを主役にすると言う上級テクニックを使ったローファーのご紹介です。

2021/5/15

『作例』にEx.660を追加しました。ビッグサイズ(28.5cm)のプレーントゥオックスフォード≪Holly(ホリー)≫のご紹介です。既成靴の大きいサイズって幅の広い太った方向きの靴ばかりですが、BROSENTの場合は標準幅で大きなサイズのお靴をお作りすることが出来ます。

『ブログ』を更新しました。「エレファントレザー「シャークレザー」「ロシアンカーフ」「コードバン」「ユタカーフ」他、現在、靴好きをも唸らせる希少な素材(革)を多数ご用意しております。無くなり次第終了となる革も御座います。

2021/5/14

『作例』にEx.659を追加しました。手染めのオリジナルカラー≪ニューアーバングレー≫と、希少スエード≪クードゥーリバース≫のグレーを使ったコンビのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ニュース』をアップしました。人気のシャークスキン=サメ革のブラックがしばらく欠品していたんですが、再入荷いたしました。本日はシャークスキンって結構靴にするの大変なんですよ、実は。。。と言うお話です。

2021/5/13

『ブログ』を更新しました。1足の靴で2通りの違った印象が与えられたら楽しくないですか?「あれ?今日その靴履いてたっけ?履き替えた?」って言われた事が有るってお客様の声も聞きました。2つの表情を持つ靴とは?

2021/5/12

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/5/11

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は日英のトラッド系定番メーカーから2足。イギリス≪Church's(チャーチ)≫のスエードチャッカと、日本≪REGAL(リーガル)≫のプレーントゥの染替例です。特に≪REGAL(リーガル)≫はなかなか凄いです。1枚目の写真をよ~く見てみて下さい。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『踵が痛い場合の調整法』についてのご質問にお答えします。どちらかと言うと同業の若い方に読んでいただきたい内容です。

2021/5/10

『作例』にEx.658を追加しました。濃いめのグリーン≪ディープグリーン≫をベースにサイドに≪ジュエルビートル≫を配したまるで芸術作品のようなGW限定モデル≪Goldie(ゴールディー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。何百足もオーダーシューズのお仕上がりを見てきました。そんな中、とてもシンプルな仕様なのに目に留まった1足が有ります。シンプルだからこそ良さが際立つそんな1足をご紹介します。

2021/5/9

『ニュース』をアップしました。『ロシアンカーフは気になるんだけ。。。履かないだろうなぁ。。。』と言う黒靴派の皆様!!お待たせいたしました!!人気のロシアンカーフのブラックが入荷いたしました!!

2021/5/8

『作例』にEx.657を追加しました。作例もついに15ページ目に突入いたしました!本日は≪ニューアーバングレー≫と並ぶ人気カラー≪ミッドナイトネイビー≫で仕上げたキャップトゥ≪Annie(アニー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。現在3か月待ちの人気メニュー「革靴の染替え(リカラー)」今回は靴好きならご存知あの有名な英国製高級靴の染替えを行いました。

2021/5/7

『作例』にEx.656を追加しました。BROSENTが特別に染色してもらった限定色、シャークスキンのグレーで仕立てたプレーントゥヴァンプシューズ≪Flora(フローラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は人気のジャンル『カントリーブーツ』のお話です。BROSENTで作るとこんな感じに仕上がります。

2021/5/6

『ブログ』を更新しました。ご依頼の多い「チャールズパッチ」修理のご紹介です。特殊なな色の革靴だった為、革パッチを染色して合わせると言った高度な技術を駆使した特別なお仕上がりをご覧ください。

2021/5/5

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/5/4

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はレディースのロングブーツといつものあれです。日本の≪PICCIN(ピッチン)≫のロングブーツの染替えと、アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンアルゴンキン=Vチップの染直しです。

『ニュース』をアップしました。BROSENTにまたもや謎(ではない)な限定素材が入荷いたしました。名前はとある理由で言えませんが、希少性でいったらある意味エレファントにも劣らない皮革です。これ良い革です!何故なら。。。

2021/5/3

『作例』にEx.655を追加しました。エレガントなブラックカーフでお仕立てしたショートウィングオックスフォード≪Turner(ターナー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。コードヴァン、シャークスキン、エレファントレザー、アノネイ、スーパーバックスエード等を使用したオーダーシューズが総額から20%OFF。「BROSENT 5周年 Anniversaryフェア」明日2021/5/4まで開催中です!

2021/5/2

『ニュース』をアップしました。ワシントン条約で厳しく取り締まられている超貴重革・エレファントレザー。『どうしても欲しい!』と言うお客様のご要望で、再度入荷いたしました!!

2021/5/1

『作例』にEx.654を追加しました。見た目のインパクト大!イタリア製のエンボスレザー=型押し、≪ベルーガ≫のレッドをベースにワンポイントでパープルに染めたリザードを配したグルカサンダル≪Susan(スーザン)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。顔料により塗装されてしまった革靴はプラスチックの様な風合いに。無理に履くと割れます。そんな状態の靴を回復させる「救済処置」を行いました。今回、救済処置を行ったお靴はスペインメーカーの「マグナーニ」です。是非ご覧下さい。