Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2020年11月の定休日

4日(水)、11日(水)、18日(水)、25日(水)

 

 

イベント情報です

 

 

 

 

 

 

2020/11/25

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/11/24

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はアメリカの2大ブランド≪ALDEN(オールデン)≫と、≪Allen Edmonds(アレンエドモンズ)≫の染替例です。共にウイング、共にコードヴァン、共に顔料落ち。。。(T_T)

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。ホースブラシとピッグブラシをお使いの方は多いと思いますが、山羊の毛を使ったブラシと言うものもあるのはご存じでしょうか?本日はその山羊毛のブラシの質問にお答えします。

2020/11/23

『ブログ』を更新しました。天候を気にせずにガンガン履ける!加えて特別感も有るそんな1足にお勧めなのはやっぱり「シャークスキン(サメ)」を使ったオーダーシューズです。

2020/11/22

『作例』にEx.592を追加しました。フリーカラーシステムの≪Classic Bordeaux(クラシックボルドー)≫で仕上げたサイドエラスティック≪Sophia(ソフィア)≫のご紹介です。先日ご紹介したEx.591と同じ色ですが、こちらは≪Mカーフ仕上≫を施してあります。

『ブログ』を更新しました。本日はオーダーのオプションについてのお話です。これ付けるだけでかなりカッコよくなります!

2020/11/21

『作例』にEx.591を追加しました。ボルドーカラーのエレガントなチェルシーブーツ≪Victoria(ヴィクトリア)≫のご紹介です。落ち着いたダークブラウンと比べてボルドー系は華やかさが売りです。

『ブログ』を更新しました。何足も靴は持ってますが新しい靴を注文すると気分が上がります。毎日が大変な状況で疲れている心に自分へのご褒美としてオーダーシューズを作るのは如何ですか?ワクワクしますよ。

2020/11/20

『作例』にEx.590を追加しました。フランス≪Annoney(アノネイ)≫の≪Vocalou(ボカルー)≫と、高級エキゾチックレザー≪Lizard(リザード)≫を使ったコンビのスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『本当はレザーソールが良いんだけど。。。』な靴のご紹介です。足の臭い(と言われたことがある)方も必見です!(笑)

2020/11/19

『ブログ』を更新しました。個性は表現するのにとても重要です。ただ個性的過ぎると少々違和感を感じられてしまう事も・・・そのギリギリのラインを考えるのは結構楽しいです。今回は3色の色を使用したオーダーシューズをご紹介します。

2020/11/18

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/11/17

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドレッシーなのを1足と、カジュアルっぽいのを1足。珍しくブランド物は≪TOM FORD(トムフォード)≫。他店で染めた顔料剥がれの染直し。もう1足は≪JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)≫。こちらは汚れてきたのでブラックへの色変更です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はクリームを塗る時に便利なペネトレイトブラシに関するご質問にお答えします。このブラシ使っている内に。。。

2020/11/16

『作例』にEx.589を追加しました。かなり濃いめの≪Deep Green(ディープグリーン)≫で仕上げたクウォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。ここまで濃いと暗いところで見ると黒に見えます。

『ブログ』を更新しました。今回は「トリッカーズ モンキーブーツ」の染替えを行いました。革靴の染替えを行う際、作業上どうしても防げないデメリットが御座います。そんな事例の内容です。ぜひご覧ください。

2020/11/15

『ブログ』を更新しました。前回はお客様のご要望でお作りした仮面ライダーブラックをイメージした靴をご紹介させていただきました。今回はその宿敵でもある仮面ライダーシャドームーン編です!

2020/11/14

『作例』にEx.588を追加しました。アッパー&ソールを英国製で固めたブリティッシュトラッドなスエードのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。ゴールドのバックルが渋いです。

『ブログ』を更新しました。こんなイメージの靴が有ったら良いな。そのイメージをお聞かせ下さい。良く有るオーダーシューズの概念を覆した1足をご案内致します。

2020/11/13

『作例』にEx.587を追加しました。フォーマルからジャケットスタイルまで使えるBROSENTの隠れた人気モデルブラックカーフのプレーントゥオックスフォード≪Grace(グレース)≫をほぼフルスペックでご注文を頂きました。BROSENTならではの補正を施した1足です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。170回目の本日はパリジャンご用達、スエードローファーのご紹介です。BROSENTのローファーなら色々と選べ、遊べます!

2020/11/12

『ブログ』を更新しました。リカラーを顔料で行った時のトラブル史上最強の状態の靴をお預かりしました。リカラーは「塗り替え」と「染め替え」では大きく仕上げ方が異なります。

2020/11/11

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/11/10

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は染替えの超常連!アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァン2連発です。セミブローグは染替え、プレーントゥは染直しです。

『ニュース』をアップしました。先月当ブログでご報告したシャークスキンのグレーの生産。ついに完成いたしました!!本日はどんな感じで仕上がったかご紹介いたします。

2020/11/9

『作例』にEx.586を追加しました。少し明るめに仕上げた≪Midnight Navy(ミッドナイトネイビー)≫とグレーのスエードを使ったコンビのダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。カラーシューズのオーダーをお考えの皆様。お靴に合わせてお靴のカラーに合わせたベルトのオーダーもご一緒に如何でしょうか。今回は明るめの「パープルカラー」のお靴に合わせてオーダー頂いたベルトのご紹介です。

2020/11/8

『ブログ』を更新しました。先日お客様からのご依頼で『仮面ライダーブラック』をイメージしたお靴を作らせていただきました。特撮ファンの方々必見です!!

2020/11/7

『作例』にEx.585を追加しました。究極の緑靴の登場です!モデルはスクエアフロント2アイレットプレーントゥの≪Stella(ステッラ)≫。もう全部緑です!因みに付属のファイバー製シューズボックスも緑です!!もはやアマゾン!!

『ブログ』を更新しました。『革靴の染替え』のご依頼が増えてきております。そこで今一度、ご依頼前にお願いが御座います。出来るだけお仕上がり後のイメージが解る画像等をご用意下さい。

2020/11/6

『作例』にEx.584を追加しました。イタリア製の撥水スエード≪Otter Proof(オッタープルー)≫で仕立てたチャッカブーツ≪Alice(アリス)≫のご紹介。カラーはスエードでは珍しいバーガンディです。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『ブラシの交換時期』についてのご質問にお答えします。まぁ滅多になりませんが、ブラシのかけ方が悪いとこんなことに!!

2020/11/5

『ブログ』を更新しました。Berluti(ベルルッティー)の黒染めのご依頼です。今回は「黒染めをキレイに仕上げるポイント」も少しだけ公開致します。

2020/11/4

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/11/3

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はモダンな1足と、クラシックな1足を。イギリス≪GAZIANO GIRLING(ガジアーノガーリング)≫のローファーと、ドメスティック≪OPELKA(オペルカ)≫のキャップトゥの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。今現在個性が強いもの=お洒落、みたいな風潮になっていると思います。ですが目立たなくてもお洒落なものはあるんです!

2020/11/2

『作例』にEx.583を追加しました。『サメ革 靴』とか『シャークスキン 靴』ってググると1ページ目に数件出てくるほどBROSENTではもはや定番となっているサメ革=シャークスキン。今回はダイヤモンドキャップサイドエラスティックの≪Maria(マリア)≫でのご注文です。

『ブログ』を更新しました。10月前半には少しご依頼が落ち着いていた「革靴の染替え」ですがここ数週間で一気に増えてきました。そんな中から英国製の『Church's(チャーチ)』の染替え≪before⇒after≫をご紹介致します。

2020/11/1

『ブログ』を更新しました。連載企画BROSENT知恵袋。本日は『シューツリーのサイズ感』に関するご質問にお答えします。