Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか



NEWS&TOPICS&Facebook


2018年12月の定休日

5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)、29日(土)~年末休暇(予)

 

イベント情報

2018/12/9

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は『良い靴とは何ぞや?』と言うお話です。靴を履く全ての方に役立つお話です!!

『ブログ』を更新しました。靴業界を勝手に代表して謳う『シャア専用シューズ』の最高傑作のご紹介です!!カッコいいです!!

2018/12/8

『作例』にEx.319を追加しました。これほど英国靴らしい国産靴があったでしょうか!?アッパー、ソールともに英国素材を使ったサイドエラスティック≪Sophia(ソフィア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。今回は「feragamo(フェラガモ)」のパンプスの色抜け補修です。ベージュ?アイボリー?とにかく「淡い色」は色作りが難しい!補修したのが解らないような自然な仕上がりを目指して!慣れない顔料を駆使して仕上げました!

2018/12/7

『革の染替え』の施術例を追加しました。大好評につき掲載が全く追いついておらず、今週2回目のご紹介となります。本日はイギリス≪John Lobb(ジョンロブ)≫のローファーと、スペイン≪Yanko(ヤンコ)≫のレースアップの2足です!!

『ブログ』を更新しました。本日は衝撃作です。『コードヴァン独特の光沢』なんてよく聞きますが、実はですね~。。。。(@ ̄□ ̄@;)!!

2018/12/6

『作例』にEx.318を追加しました。人気カラー≪Midnight Navy(ミッドナイトネイビー)≫と、人気モデル、ダブルモンクの≪Rebecca(レベッカ)≫の合わせ技。BROSENTでは鉄板の1足です!

『ブログ』を更新しました。作り手の努力があるからこそ「良い靴」は生まれます。

それは「靴」に限らず努力して作られた「製品」の全てはきっとお客様の心に届くと思います!BROSENTのオーダーシューズはそんな作り手の気持ちがたっぷり詰まった靴ですよ。

2018/12/5

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2018/12/4

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はトラッド系を2足。英国≪John Lobb(ジョンロブ)≫のローファーと、≪Scotch Grain(スコッチグレイン)≫のキャップトゥです。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第74回目の本日はカラーシューズのススメです。カラーシューズって派手だと思ってませんか!?

2018/12/3

『作例』にEx.317を追加しました。パーフォレーション(パーツ淵の穴飾り)を取ったスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。デザインをシンプルにすると色のグラデーションが綺麗になると言う好例です。

『ブログ』を更新しました。黒の靴ばかり履いてるけどたまには違った色の靴も履いてみたいな。。。黒靴と同じ様にお洋服にコーディネート出来る「グレー」は如何でしょうか。きっと「お洒落だね」って言われますよ!

2018/12/2

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日はダブルモンクのコーディネートのご紹介です。いかに無双か!!というのがお分かり頂ける。。。かな?

『ブログ』を更新しました。外羽根式のプレーントゥ≪Stella(ステッラ)≫は仕様によって完成する靴が全く違うものになります。本日はその実例をご紹介します。

2018/12/1

『作例』にEx.316を追加しました。フリーカラーシステムの手染めを採用したBROSENTらしい綺麗なパープルカラーのローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。もうどうしようもなくエレガントです。。。

『ブログ』を更新しました。John Lobb(ジョンロブ)のミュージアムカーフをおとなしくした様な仕上げで染め替え(リカラー)をして欲しい。そんなフワッとしたイメージのご依頼にチャレンジです!果たして仕上がりは?

2018/11/30

『作例』にEx.315を追加しました。ナチュコバ仕様の≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。通常染めの場合そんなに頑張って防いでもコバに染料が染みてしまうので、お勧めしていないのですが、『イタリアの手染めの靴なんかメチャメチャはみ出てるからOKです』と仰られていたのでお受けいたしました。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第73回目の本日は黒靴に変わる靴のお話です。暗黙の了解を打ち破る靴。。。あります!!

 2018/11/29

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はスリッポンを2足。1足はいかにもアメリカ的な≪ALDEN(オールデン)≫のクロムエクセルのローファー。もう1足は如何にもイタリア的な≪a.testoni(ア・テストーニ)≫のダブルシームスリッポンのです。

『ブログ』を更新しました。革靴トラブルで多い「シミ」。どこのお店に相談しても断られてしまった・・・

確かに染み抜きには限界が有ります。でも違うアプローチでまた大切な靴を愛用して履く事が出来るかもしれません!

2018/11/28

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2018/11/27

『作例』にEx.314を追加しました。珍仕上げ≪リバースアンティークフィニッシュ≫を施したダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。≪リバースアンティークフィニッシュ≫って何かというと。。。実際にご覧ください。

『ブログ』を更新しました。皆さん靴を買って家に着いた後靴箱ってどうされていますか?捨ててしまうのなら安い箱、使うならカッコ良くて便利な物、が良いとBROSENTは考えます。

2018/11/26

『作例』にEx.313を追加しました。新潟の提携店舗≪BLOOM shoe lounge≫さんの店頭において頂いているモデルをそのままオーダー頂いたブラインドブローグ≪Claire(クレア)≫。問答無用のカッコ良さです!嘘だと思うなら見てみて下さい!!

『ブログ』を更新しました。手染めの靴はデリケートで長持ちしない?いえいえそんな事は御座いません!これだけ履かれた靴でもメンテナンスすればバッチリ回復します!BROSENTでオーダー頂いたお靴4足がメンテナンスの為、帰ってきました。

2018/11/25

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は触れてはいけない革靴業界の闇についてのお話です。でも考えたら当たり前の話なんですけどね。。。大丈夫かな。。。ドキドキ。。。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第72回目の本日はセレブ感満載のスエードローファーのご紹介です!

2018/11/24

『作例』にEx.312を追加しました。全てを黒で仕上げた漆黒のキャップトゥ≪Lily(リリー)≫のご紹介です。非の打ち所のない一張羅の完成です。はっきり言って男前です!

『ブログ』を更新しました。靴の本場「英国(イギリス)」に長く住まれていたお客様。普段は「Church's(チャーチ)」等の英国靴をご愛用。そんなお客様からBROSENTのオーダーシューズのご注文です。ご満足頂けるのか??

2018/11/23

『作例』にEx.311を追加しました。『茶色のスエード』の『プレーントゥ』の『バックルゴールド』のダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫です。。これは既成靴では無さそうですね~!

『ブログ』を更新しました。先日お休みの日ブラブラしている時にとんでもないものを見ました。貴方は大丈夫ですか!?全ての靴好き、いやそうじゃなくても靴を履くなら必読です!

2018/11/22

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は危うい感じです。。。1足は。。。確かフランスの≪HESCHUNG(エシュン)≫だったような。。。そしてもう1足は。。。ドメスティックのビスポークブランド。。。だったような。。。すいません。。。m(__)m

『ブログ』を更新しました。本日は染替えのお話。型押し&顔料仕上げの超強敵!≪Tricker's(トリッカーズ)≫の染替え例です!!何が強敵かって言うと。。。

2018/11/21

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2018/11/20

『作例』にEx.310を追加しました。本日は耐久性を最優先させたスーパービジネスシューズのご紹介。フランス≪アノネイ≫社の≪Vocalou(ボカルー)≫を使用したスライドキャップトゥの≪Vickey(ヴィッキー)≫です。

『ブログ』を更新しました。BROSENTの靴はオーダーなのでコンビ靴も大得意!ただ張り切って作るととんでもないことになる可能性も。今日はコンビ靴を作る時にコツのお話です。

 2018/11/19

『作例』にEx.309を追加しました。ご予算の関係上何かを諦める場合、人それぞれ考え方があるでしょうが、個人的には。。。履き心地(補正&素材)>意匠。。。だと思います。その好例です。

『ブログ』を更新しました。日本全国からご依頼殺到!革靴の染め替え(リカラー)のBROSENTの技術が評価されている証です!かね?年内受付スケジュールをご覧下さい。

2018/11/18

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は靴のタイプ別に見る似合う仕様、似合わない仕様のお話です。手の込んだ仕様や、珍しい仕様はあるとついつい選びたくなりがちです。ただ好きと言うだけで組み合わせていくととんでもない物が出来てしまう可能性もありますのでご注意ください!

『ブログ』を更新しました。本日は業界最簡単!!極めて簡単、且つマニアックな靴磨きの方法を伝授いたします!!もう一度言います。超簡単です!!

2018/11/17

『作例』にEx.308を追加しました。高級素材リザードを使用したコンビのショートウィング≪Turner(ターナー)≫のご紹介です。見た目ゴージャスエレガンテですが、価格は基本価格+ちょっとです。値付け大丈夫なのかBROSENT!?

『ブログ』を更新しました。直接対決!!「BARKER BLACK(バーカーブラック)」 VS 「BROSENT」

スカルのモチーフが特徴的なBARKER BLACK(バーカーブラック)のお靴が今回は登場します!

2018/11/16

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日も対極的な靴を2足。イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫の人気モデル≪MORETON(モールトン)≫と、イタリアのモード系ブランド≪A Diciannoveventitre(ア・ディチアーノ・ヴェヴェンチトール)≫のジップアップブーツです。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第70回目の本日はアッパーも拘ってるけど、ソールはもっと拘ってるぞ!と言うお靴のご紹介です!!せっかくオーダーするんだから拘っちゃいましょう!!

2018/11/15

『ブログ』を更新しました。革靴の染め替え(リカラー)でご依頼が多いのはやはり「黒」への染替えです。今回はどの靴が他の色から「黒」へ染め替えを行ったのか?そんなクイズ的なブログです。是非ご覧下さいね。

2018/11/14

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2018/11/13

『作例』にEx.307を追加しました。ムラ感が嫌いな方の為にフランス≪Annoney(アノネイ)≫社の≪Vocalou(ボカルー)≫と言う革もご用意しています。本日はこの≪Vocalou(ボカルー)≫を使ったサイドエラスティック≪Sophia(ソフィア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。業界歴の長いオジサン二人が運営するBROSENTには多くの同業他社さんのご来店があります。先日は≪CARMINA(カルミナ)≫のパリ店からお友達がやって来ました!

2018/11/12

『作例』にEx.306を追加しました。昨年の冬大人気だったオリジナルカラー≪New Urban Grey≫のチェルシーブーツ≪Victoria(ヴィクトリア)≫が今年も好調。。。かな?グレーの靴って珍しいんで、是非ご覧ください!!

『ブログ』を更新しました。イギリスメーカー「Grenson(グレンソン)」の修理靴をお持ち頂きました。何やらおかしいぞ?革がすごくベタベタしてます。ツヤも消えてます。その原因はこれです!

2018/11/11

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は先週掲載した『失敗しない靴の購入方法』の第3弾、『成型編』です。靴の履き心地を左右する大事なポイントです。誰でも簡単に見分けられるので是非ご覧ください!

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第69回目の本日は型押し革を使った靴のお話です。型押しにはこんな使い方もあります。

2018/11/10

『作例』にEx.305を追加しました。≪Midnight Navy≫で仕上げたスクエアフロント・2アイレットプレーンダービー≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。アッパー以外の色使いで靴の印象が変わる好例です。

『ブログ』を更新しました。最新オーダーシューズ公開。ご注文頂いていたBROSENTオーダーシューズのお仕上がりを1部ですがご覧頂けます。クラッシックからエレガントまで。多種多様にお客様のお望みを叶えたお仕上がりをご覧下さい。

2018/11/9

『作例』にEx.304を追加しました。履くだけでお洒落に見える最早定番とも言えるダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。本気仕様の勝負靴です!!

『ブログ』を更新しました。革底のつま先の補強に使うスティールトゥチップ。これは何時付けるのが良いでしょうか?答えは。。。

2018/11/08

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は対極的な靴を2足。1足は英国王室ご用達、ロイヤルワラントを持つ≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーシューズ。もう1足はスペインの≪Espoir(エスポワール)≫です。

『ブログ』を更新しました。夏の期間、だいぶヘビーローテーションで履いたのでしょう。だいぶ傷んでしまった『HERMES(エルメス)』のローファーの修理(リペア)&染め直し(リカラー)で完全リフレッシュ!これでまだまだ履けますね。

2018/11/7

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2018/11/6

『作例』にEx.303を追加しました。もしかしてオーダー足数No.1か!?フォーマルからジャケットスタイルまで履ける唯一のデザインがこちらです!!是非ご覧ください!!

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第68回目の本日はヘビロテ靴のお話です。ヘビロテ靴は『履きやすさ』と『合わせやすい色』が基本です!

2018/11/5

『作例』にEx.302を追加しました。BROSENTの定番≪Midnight Navy≫のダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。ですが本日ご紹介する靴はちょっとだけ捻ってます。どこかと言うと。。。

『ブログ』を更新しました。女性は必見の内容です。エナメルパンプスのヒールにキズが付いてしまった場合の修理方法。

しっかりとキレイに直すにはこんな方法が御座います。是非ご覧下さい。

2018/11/4

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は先週掲載した『失敗しない靴の購入方法』の第2弾、『バランス編』です。誰でも簡単に靴のバランスを見分ける事が出来るので、是非お読みになってみて下さい!

『ブログ』を更新しました。巷で流行り(?)のアッパーの破け補修、チャールズパッチ。BROSENTの手にかかるとこんな素敵な感じになります!!

2018/11/3

『作例』にEx.301を追加しました。昨日の作例とは打って変わって本日は王道のトラディショナルスタイルの1足をご紹介します。カーフスエードの王様英国≪チャールズ・F・ステッド社≫のスーパーバックを使ったクウォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫です。

『ブログ』を更新しました。先日の『ALDEN(オールデン)にカビ発生』に続いて今回も『ALDEN(オールデン)』

タンカーブーツを大人っぽく変身させます☆ 目黒マルシェも本日と明日の2日間開催中ですよ☆

2018/11/2

『作例』にEx.300を追加しました。作例もついに300足まで到達しました!記念すべき300足目は高級カーフと超貴重なスエードを使ったコンビのショートウィング≪Turner(ターナー)≫です。生産を担当するセントラル靴の専務社長(専務があだ名で、社長が役職です。。。)をして、『うちの最高傑作だな、こりゃ!』と言わしめた1足です!

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第67回目の本日はBROSENTが作るカントリーシューズのお話です。見た目、履き心地共に本場英国を凌駕しちゃっ。。。てるかな?(;^_^A

2018/11/1

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドメスティックの雄≪REGAL(リーガル)≫のプレーントゥと、記憶が定かではないんですが多分≪C DIEM(カルペディエム)≫ だと思われるジップアップブーツの2足です!

『ブログ』を更新しました。11月の1発目の内容は!ALDEN(オールデン)コードバンの靴にカビ発生!もうダメ?諦めるしかない???いえ!大丈夫!こんな方法で復活させる事が出来ます!


過去のNEWS&TOPICSもご覧いただくことが出来ます。

『過去のNEWS&TOPICS~2018』

『過去のNEWS&TOPICS~2017』

『過去のNEWS&TOPICS~2016』