Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2021年3月の定休日

3日(水)10日(水)17日(水)、24日(水)、31日(水)

 

 

とうとう出てしまいましたね、非常事態宣言。。。(T_T)

前回同様、靴屋は生活必需品販売に該当するとして休業要請はございません。

なので今のところ通常営業でやらせていただきます。

マスク、換気、フェイスシールド、アクリル板、アルコールハンドジェル、アルコールスプレー、次亜塩素酸ナトリウム消毒液とありとあらゆるコロナ対策をご用意してお待ち申しております。

何か変更がありましたら追ってお知らせいたします。

 

 

イベント情報です

 3/6(土)~3/7(日) オーダー会 in 仙台三越

※イベント当日は目黒のお店は休業とさせていただきます。また3/5(金)の営業は17時までとさせていただきます。

 

 

 

限定素材在庫状況

Photo

名前 / 色

解説

希少性

在庫状況


Elephant(エレファント) / Grey

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Red Brown

J&FJ Baker(英)

完売


Shark Skin(シャーク)/ Grey

特大

余裕あり


Derby(デルビー)/ Blue

Haas(仏)

残り僅か


Derby(デルビー)/ Brown

Haas(仏)

残り僅か


Embos Crocodile(エンボスクロコ)

少し余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Black
Du Puy(仏)

特大

少し余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Navy

Du Puy(仏)

特大

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Black

Du Puy(仏)※撥水レザー

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Brown

Du Puy(仏)※撥水レザー

少し余裕あり


Yuta Calf(ユタカーフ)/ Black

Haas(仏)

少し余裕あり


2021/3/5

『作例』にEx.633を追加しました。BROSENTを代表するミディアムブラウン≪ルネサンスマローネ≫をベースに≪グラデーション≫と≪アクセント≫をミックスした仕上げを施したダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫の紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は流行のベルジャンシューズについての質問にお答えいたします。ベルジャンシューズって知ってます?

2021/3/4

『作例』にEx.632を追加しました。トップリフトを滑り防止でラバーにした以外は全て標準仕様でお作りいただいたクォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。私たちが素材的にも見た目的にも『これがベスト!』と思える物を凝縮してあります。

『ブログ』を更新しました。靴とベルトの色は合わせた方が良いのでしょうか?絶対に合わせないとダメですよ!とまでは言いませんが。統一感を持たせてあげるとコーディネートのバランスは良くなりますね。靴とベルトを合わせてオーダー頂けます。

2021/3/3

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/3/2

『革の染替え』の施術例を追加しました。染替の依頼が止まりません!染替例も本日8ページ目に突入しました!本日はモダンとクラシックのドレスシューズを2足。イタリア≪SILVANO LATTANIZI(シルバノラッタンジ)≫と、ドメスティック≪SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)≫の染替例です。

『ニュース』をアップしました。さぁ、残すところあと数日となりました、『仙台三越』様でのオーダー会!!本日はBROSENTだから(?)作れるちょっと変わった珍しい素材をご紹介しようと思います。

2021/3/1

『作例』にEx.631を追加しました。当然ですがこんなトラディショナルなアイテムも出来ます。イギリスのスエードの名門≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド)≫が誇る最高級カーフスエード≪スーパーバック≫で仕立てたダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。履き古したスエードスニーカーをリメイクしました。ワイルドな質感ですが高級感さえ感じさせる「オイルバケッタ加工」のご紹介です。

2021/2/28

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『オプションを使ったすっきり顔のダブルモンク』なお靴のご紹介です。

2021/2/27

『作例』にEx.630を追加しました。赤味が強いミディアムブラウン≪マーブルチョコレート≫をベースに≪アクセント仕上≫を追加してお作りしたスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。OPENから現在にかけて不動の人気NO.1モデル  ダイヤモンドキャップ≪Riley≫ スタイリッシュ且つ特別感の有るそんな1足を求めてる方にオススメしたいデザインです。

2021/2/26

『作例』にEx.629を追加しました。イタリアの≪Conceria800≫社のベジタブルタンニン鞣しのエンボスレザー=型押しでお作りしたリボンタッセル≪Hanna(ハンナ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。先日オーダー靴を引取りに来られた常連のお客様にあることを『これって結構凄いことですよ!』と言われました。言われてみれば確かにそのような気も致します。と言うことでちょっと紹介してみようと思います。

2021/2/25

『ブログ』を更新しました。春先まで履けるブーツを個人的にオーダーしてみました。パープルカラーに染色したチェルシーブーツ≪Victoria(ヴィクトリア)≫をご紹介します。カットの低いブーティは足元が重くならないのでおススメです。

2021/2/24

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/2/23

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は英国靴を2足。≪Edward Green(エドワードグリーン)≫のチャッカブーツと、≪Church's(チャーチ)≫のセミブローグの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はメンテナンスのお話です。『アッパーのお手入れに使う乳化性クリーム』と言うご質問にお答えします。クリーム使い分けられてますか?

2021/2/22

『作例』にEx.628を追加しました。フランスの名門タナリー≪DuPuy(デュプイ)≫製の珍しい撥水レザー≪Puma H(プーマH)≫でお作りしたキャップトゥ≪Lily(リリー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。希少革の代表格≪コードヴァン≫を何と11色のカラーでご案内致します。希少色含めて夢の様な選択肢からコードバンシューズのオーダーが可能です。

2021/2/21

『ニュース』をアップしました。昨年試験的に行ったネットでのご注文。概ね好評だったので、フィッティングの関係上リピーターのお客様に限定されてしまいますが、常設で承ることにいたします!!

2021/2/20

『作例』にEx.627を追加しました。人気カラー≪クラシックボルドー≫で仕上げたローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。ボルドーとかバーガンディって茶じゃないんですよ。知ってました?

『ブログ』を更新しました。クラッチバッグのお手入れ方法のご紹介です。外出自粛が長引いて使う機会が減り放置していたクラッチバッグ。カサカサと乾燥状態になってる事が多い様です。

2021/2/19

『作例』にEx.626を追加しました。常連のお客様が実にBROSENTらしい1足を作ってくれました。人気の≪ミッドナイトネイビー≫と手染めでネイビーに染めた≪リザード≫で仕立てたプレーントゥオックスフォード≪Grace(グレース)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。本日は靴の話ではなくBROSENTの隠れた人気アイテム≪ライター≫のご案内です。あの人気ブランド≪SAROME(サロメ)≫が生産中止になりました!(T_T)

2021/2/18

『ブログ』を更新しました。深田恭子さん主演≪ルパンの娘≫⇒≪ルパンの娘 2≫⇒そして≪劇場版 ルパンの娘≫ 最終バトルによって緊急事態発生!渡部篤郎さん衣装のブーツがボロボロに。。。緊急メンテナンスを行いました!

2021/2/17

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/2/16

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はトラッド靴を2足。イギリス≪Dunhii(ダンヒル)≫のセミブローグと、≪Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)≫のプレーントゥの染替例です。

『ブログ』を更新しました。そろそろスリッポンのご注文が増えてくる頃です。開店当時ローファー1型しかなかったスリッポンも、この春登場した≪Flora(フローラ)≫を合わせて全部で5型となっています。本日は5型全てをまとめてご紹介させていただきます。

2021/2/15

『作例』にEx.625を追加しました。カントリー調のスプリットウェルト仕様にしたダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。カントリー調にはしたかったんですが。。。

『ブログ』を更新しました。最近、革本来の魅力を無視して方法問わず綺麗にする事だけに特化した仕上げをする事が増えてます。とても残念です。革はお手入れしながら使い込む事で魅力が増すのに。そんな内容のブログです。是非ご覧ください。

2021/2/14

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『レザーソールのメンテナンス』についてのご質問にお答えします。新型コロナ対策にも役立ちますよ!!

2021/2/13

『作例』にEx.624を追加しました。BROSENTでしか手に入らない!?グレーのシャークスキンで仕立てた2021S/Sの新作プレーントゥヴァンプ≪Flora(フローラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。一足入魂!職人魂を込めて染色を行ったオーダーシューズのお仕上がりです。パープルからブルーへ自然に繋がるグラデーションは必見です。これがフリーカラーシステムだ!と言うお仕上がりですよ。

2021/2/12

『作例』にEx.623を追加しました。新素材オイル仕上のコードヴァンで作った新作のアルゴンキンフロントの≪Olivia(オリヴィア)≫のご紹介です。顔料を施していない正真正銘のコードヴァンです。

『ニュース』をアップしました。H社やC社など世界のビッグメゾンに商品を提供するフランスの名門タナリー≪Haas(ハース)≫社。その≪Haas(ハース)≫社を代表する皮革の一つ≪Yutacalf(ユタカーフ)≫が限定で入荷しました!

2021/2/11

『ブログ』を更新しました。仙台、東北エリアの皆様!今年も開催決定です!2021年3/6(土)7(日)の2日間≪仙台三越 5階 紳士靴売り場≫さんでオーダーイベントを開催させて頂きます!

2021/2/10

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/2/9

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は同じ明るい茶色からバーガンディの染替例ですが、靴のテイストは真逆です。フランス≪YVES SAINT LAURENT(イブサンローラン)≫のジョニーと、イギリス≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーシューズの例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は1920~1930年代に隆盛を極めた(?)スペクテーターシューズを現代風にモディファイした1足をご紹介します。

2021/2/8

『作例』にEx.622を追加しました。≪ディープパープル≫、日本名『青紫』の≪Mカーフ仕上≫で仕上げた、2021S/Sの新作プレーントゥヴァンプの≪Flora(フローラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。とても高級感溢れるブーツをお預かりしました。「John Lobb(ジョンロブ)」のジョッパーブーツです。レザーは「ミュージアムカーフ」に見えますが秘密が有ります。答えはブログの中に!!

2021/2/7

『ブログ』を更新しました。BROSENTでは靴を染色する際の色を選べるほかに、仕上方法も何種類かご用意しています。その中に≪フレーム≫と言う名前に仕上方法がございます。本日はそちらのご紹介です。

2021/2/6

『作例』にEx.621を追加しました。対ジャケットスタイルが多い出張族最強の1足。シャークスキン&ヴィブラム・ガムライトのケープタウンでお作りしたエプロンフロント=ユーチップ≪Leila(レイラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。昨年12月に行った「新作先行受注会」の時にオーダー頂いたプレーントゥヴァンプの≪Flora(フローラ)≫が仕上がりました。普段履きに抜群な1足に仕上がりましたよ。

2021/2/5

『作例』にEx.620を追加しました。これは渋いです!カーフとフランス≪Haas社≫のエンボスレザー≪デルビー≫を使ったブラックの同色コンビでお作りしたウィングシングルモンク≪Nancy(ナンシー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はちょっと靴から離れます。先日ご来店いただいたお客様から言われたサイトのブログについてのご質問にお答えします。

2021/2/4

『ブログ』を更新しました。人気の≪革靴の染替え≫からEDWARD GREEN(エドワードグリーン)の施術例をご紹介致します。ブラウンから墨黒(スミクロ)と言う淡いブラックへの染替えを行いました。

2021/2/3

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/2/2

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はイギリスの二大巨頭≪Edward Green(エドワードグリーン)≫と≪John Lobb(ジョンロブ)≫。奇しくも同じデザイン、エプロンフロントダービーの染替例です。貴方はどちらが好みですか?

『ブログ』を更新しました。先月当ブログでカーキのコードヴァンを買ったと言うお話を書いたのを覚えておいででしょうか?ついにお靴が完成いたしましたので、本日はそちらをご紹介いたします。

2021/2/1

『作例』にEx.619を追加しました。底面をブラックの全カラスで仕上げた以外(標準仕様はナチュラルです)全てBROSENTの標準仕様で作ったキャップトゥ=ストレートチップの≪Annie(アニー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。昨日で「SALE」も終了し、本日より2021年春夏の新作モデルの登場です。人気の「Vチップ」と春夏の足元にお勧めの「プレーントゥヴァンプ」の2つのデザインがオーダー可能です!