Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、安達紙器工業、レナウンインクス、リレメントラボラトリーほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2021年4月の定休日

7日(水)14日(水)21日(水)、28日(水)

 

 

 

 

イベント情報です

 4/1(木)~5/4(火) 5周年記念フェア開催 ⇒ 『ニュース-祝!5th Anniversary~感謝イベント開催!』

 

 

 

 

 

限定素材在庫状況

Photo

名前 / 色

解説

希少性

在庫状況


Elephant(エレファント) / Grey

完売


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Red Brown

J&FJ Baker(英)

残り僅か


Shark Skin(シャーク)/ Grey

特大

少し余裕あり


Derby(デルビー)/ Blue

Haas(仏)

残り僅か


Derby(デルビー)/ Gold

Haas(仏)

残り僅か


Embos Crocodile(エンボスクロコ)

少し余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Black
Du Puy(仏)

特大

少し余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Indigo

Du Puy(仏)

特大

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Black

Du Puy(仏)※撥水レザー

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Brown

Du Puy(仏)※撥水レザー

少し余裕あり


Yuta Calf(ユタカーフ)/ Black

Haas(仏)

残り僅か


 

※在庫にない物もお探しいたしますので『こんな革(色)が欲しい』と言うことがあったらお気軽にご相談ください。

2021/4/10

『作例』にEx.645を追加しました。ちょっとアバンギャルドな≪ボーンズグレイ≫で仕上げたBROSENTの人気No.1モデル、ダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。革靴の染替えのご依頼でとても雰囲気の有る靴が届きました。このブランドを知っていたら中々の靴好きですね。≪ポールハーデン(Paul Harnden)≫と言うイギリスメーカーのお靴です。革靴染め替え(リカラー)の施術例をご覧下さい。

2021/4/9

『作例』にEx.644を追加しました。コバのカラーをナチュラルにした、カントリー調のちょっと可愛いエプロンフロント、ユーチップの≪Leila(レイラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。フリーカラーシステムが目立つBROSENTですが、実はエンボスレザー=型押しも意外と人気です。今回はBROSENTで作れる型押しを2回に渡ってご紹介しようと思います。

2021/4/8

『ブログ』を更新しました。個性的な素材はシンプルなデザインに合わせる事でバランスよくスタイリッシュに仕上げるのがオススメです。残り僅か別注レザー「シャークスキン(グレー)」でオーダー頂いたプレーントゥのお靴のご紹介です

2021/4/7

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/4/6

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はカジュアルチックな靴を2足。アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のプレーントゥと、日本のオーダーだって聞いた気がするんですが。。。不明なチャッカブーツの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『無色=ニュートラルのクリーム』についてのご質問にお答えします。意外と知られていないニュートラルクリームの底力!とくとご覧あれ!!

2021/4/5

『作例』にEx.643を追加しました。ともて現代の靴には見えません!靴の博物館にでも置いてありそうなクラシックな雰囲気を持ったサイドエラスティック≪Sophia(ソフィア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。今から5年前の2016年4月 東京目黒に小さな靴屋が誕生しました。ブロセントと言う靴屋はとにかく皆様に喜んでもらう事を1番に考えた類い稀な靴屋です。現在5周年フェア開催中なのでオーダーするなら今がチャンスです。

2021/4/4

『ブログ』を更新しました。BROSENTの人気メニュー革靴の染替。意外なことに黒から黒への染替え、と言うか染直しの依頼が結構多いです。本日は『だから染め替えたい』と言う理由を2つほどご紹介しようと思います。

2021/4/3

『ブログ』を更新しました。雨用靴の最高峰!フランス「デュプイ社」の撥水レザー「Puma H(プーマエイチ)」のオーダーシューズを特別価格でご案内。数量限定の為お早めに!

2021/4/2

『作例』にEx.642を追加しました。フランス≪DuPuy(デュプイ)≫のエンボスレザー≪クシェベル≫と≪Annoney(アノネイ)≫の≪ボカルー≫を使ったコンビのタッセルローファー≪Emma(エマ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『春夏に活躍しそうな黒?』なお靴のご紹介です。黒靴派の方は持ってると便利ですよ。

2021/4/1

『ブログ』を更新しました。皆様何とBROSENT5周年です!吹けば飛ぶような小さなお店ですが皆様に支えられ守られて何とか5年目を迎える事が出来ました。そこで!感謝の気持ちを込めて嘘みたいな本当の衝撃フェアを開催致します。エイプリルフールでは無いのでご安心ください☆

2021/3/31

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/3/30

『ニュース』をアップしました。この春多くの、本当に多くの皆様に支えられてBROSENTは5周年を迎える運びとなりました!!ご利用いただいたお客様、そしてお取引先の皆様、本当にありがとうございます。そのお礼と言っては何なんですが、『5周年記念フェア』を開催させていただきます!!

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は雑誌『B〇〇〇〇』から飛び出してきたような2足!イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のタッセルローファーと、アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンシングルモンクの染替例です。

2021/3/29

『作例』にEx.641を追加しました。トップリフトを滑り防止でラバーにした以外はフルスペックでお作りさせていただいたブラックカーフのキャップトゥオックスフォード≪Lily(リリー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。涼し気な色と言われて連想する色は何色ですか?色々と考えた結果、この色にたどり着きました。私が思う世界一涼し気な色は「骨」の色です。何か見るだけでヒンヤリしますよね。オカルト的な怖いお話では御座いませんので是非ご覧ください。

2021/3/28

『ブログ』を更新しました。新ソックス≪IL REGALO(イルレガロ)≫が好調です!本日は結構悩まれている方の多い靴とソックスの合わせ方の基本と応用編をご紹介いたします。

2021/3/27

『ブログ』を更新しました。Paraboot≪パラブーツ プレヴェール≫ キャメルカラーからブラックへリカラー(染替え)を行いました。革靴のリカラー(染替え)をご検討の皆様、是非ご参考にしてみて下さい。

2021/3/26

『作例』にEx.640を追加しました。ブラック&ホワイト。。。ではございません。世にも珍しいグレー&ホワイトのフルブローグ≪Claire(クレア)≫のスペクテーターのご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『カントリーシューズに使われているウェルト』についてのご質問にお答えします。

2021/3/25

『ブログ』を更新しました。足の悩みの1つ「大きさのコンプレックス」足を大きく、小さく見せる方法として色を利用した「視覚的効果」は効果的なアプローチ方法です。

2021/3/24

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/3/23

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドメスティックを2足。。。なんですが、私どちらも存じ上げませんでした。。。(;^_^A ≪JULIUS(ユリウス)≫のジップアップブーツと、≪KIMI(キミ)≫のキャップトゥの染替例です。

『News』has been uploaded.BROSENT was introduced in the WEB magazine "J SERECT" that sends information about Japan to travelers and foreigners living in Japan.

『ブログ』を更新しました。最近若い方を中心に脱スニーカーが流行っているようで、普段履きとして革靴を選ばれる方が増えています。革靴オーダーの店BROSENTでも当然ながらそのような普段履きとして使える靴もお作りすることが出来ます。

2021/3/22

『作例』にEx.639を追加しました。フランス≪Annoney(アノネイ)≫社の≪Vocalou≫のブラックでお仕立てしたダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。見た目ドレッシーですが。。。走れます!!

『ブログ』を更新しました。リバースグラデーションと言う仕上げはご存知ですか?世界的に見ても殆ど見た事が無い仕上げ方法です。BROSENTの「オリジナルフィニッシュ」の1つとしてご紹介致します。

2021/3/21

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は靴好き垂涎の的リザードを使ったお靴のご紹介です。ちょっと珍しい場所に使ってみました。

2021/3/20

『作例』にEx.638を追加しました。これから流行る。。。かもしれないBROSENT一押しのシングルモンク。ブラックと同じフランス≪アノネイ社≫の≪ボカルーカーフ≫のダークブラウンで仕立てたシングルモンク≪Sidney(シドニー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。1都3県の緊急事態も解除されますね。リモートから通勤へ。仕事のスタイルもまた日常へと変化する会社も増えてくるのではないでしょうか。春夏のビジネススタイルの足元はシンプルに!プレーントゥにオンオフに使えるストラップシューズがオススメです。

2021/3/19

『ニュース』をアップしました。BROSENTにまた新しいブランドが加わりました。【素材はインポート】【生産は日本】とBROSENTの靴と同じやり方をしたソックスブランド≪IL REGALO(イルレガロ)≫の登場です!!

2021/3/18

『ブログ』を更新しました。独特なムラ感のミュージアムカーフですが仕上がりに統一性が有りません。お好みのムラの強さや色をお聞きしてから染色して再現する方法が御座います。

2021/3/17

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/3/16

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はフランス≪AUBERCY(オーベルシー)≫を2連発。イミテーションブローグと、サイドストラップの染替例のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『ストレートチップとその仲間のデザイン』についてのご質問にお答えします。

2021/3/15

『作例』にEx.637を追加しました。手染めならではのカラー≪ジュエルビートル≫で仕上げたスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。『玉虫色』の名を冠した複雑な色合いは染めている本人も『同じ色は二度と出せない』と言うまさに1足ものです。

『ブログ』を更新しました。メンズの夏用シューズとして毎年注目される?「グルカサンダル」。実際どうなのか?2年間実際に履いてみた感想をブログにしてみました。気になってる皆様!是非ご参考にしてみて下さい。

2021/3/14

『ブログ』を更新しました。BROSENTの革靴のオーダーは幅広いサイズレンジも自慢です。本日は女性のお客様からご注文頂いたシューズのご紹介です。マニッシュな靴がお好きな方、要注目です!!

2021/3/13

『作例』にEx.636を追加しました。出来るだけムラ感を抑えたダークブラウン≪トラディショナルブラウン≫で仕上げた2アイレットスクエアフロント≪Stella(ステッラ)≫のご紹介。こちらは女性のお客様からのご注文です。

『ブログ』を更新しました。まもなく東京も「桜の開花宣言」が発表される様ですね。同じ「宣言」でも「緊急事態宣言」に比べると少し楽しくなる宣言で楽しみです。BROSENTでは桜色のオーダーシューズをご注文いただけますよ。

2021/3/12

『作例』にEx.635を追加しました。100%BROSENTの基本仕様で作らせていただいたプレーントゥオックスフォード≪Holly(ホリー)≫のご紹介です。幅を広げてインソールと言う一見矛盾したような補正をかけてありますが。。。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『これはまさに歩く宝石です!!』なお靴のご紹介です。こんな色既成靴ではありませんよ!!

2021/3/11

『ブログ』を更新しました。2021年 最新版『靴屋が予想する次に流行るデザインはこれだ!』30年前後、靴業界で様々なデザインの靴や時代の流れを見てきたBROSENTが予想します!

2021/3/10

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/3/9

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はキャップ系を2足。イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のパンチキャップと、日本≪RENDO(レンド)≫のクウォーターブローグの染替例です。

『ニュース』をアップしました。昨年の秋、入荷したとたんに瞬く間に完売したあの幻の革『ロシアンカーフ』が再入荷いたしました!!今回も数足分!欲しい方は早めにどうぞ!!

2021/3/8

『作例』にEx.634を追加しました。珍しいバーガンディのスエードでお作りしたモカシンヴァンプの≪Kelly(ケリー)≫のご紹介です。ワンポイントで履き口とアッパーステッチはネイビーにしてあります。

『ブログ』を更新しました。仙台三越 オーダーイベントですが予想を遥か!遥か!!上回る大盛況の中、無事に終了致しました。東北地方の靴に対する熱量はスゴイ!!かなり攻めたオーダーシューズのご注文も入りましたよ!

2021/3/5

『作例』にEx.633を追加しました。BROSENTを代表するミディアムブラウン≪ルネサンスマローネ≫をベースに≪グラデーション≫と≪アクセント≫をミックスした仕上げを施したダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫の紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は流行のベルジャンシューズについての質問にお答えいたします。ベルジャンシューズって知ってます?

2021/3/4

『作例』にEx.632を追加しました。トップリフトを滑り防止でラバーにした以外は全て標準仕様でお作りいただいたクォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。私たちが素材的にも見た目的にも『これがベスト!』と思える物を凝縮してあります。

『ブログ』を更新しました。靴とベルトの色は合わせた方が良いのでしょうか?絶対に合わせないとダメですよ!とまでは言いませんが。統一感を持たせてあげるとコーディネートのバランスは良くなりますね。靴とベルトを合わせてオーダー頂けます。

2021/3/3

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/3/2

『革の染替え』の施術例を追加しました。染替の依頼が止まりません!染替例も本日8ページ目に突入しました!本日はモダンとクラシックのドレスシューズを2足。イタリア≪SILVANO LATTANIZI(シルバノラッタンジ)≫と、ドメスティック≪SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)≫の染替例です。

『ニュース』をアップしました。さぁ、残すところあと数日となりました、『仙台三越』様でのオーダー会!!本日はBROSENTだから(?)作れるちょっと変わった珍しい素材をご紹介しようと思います。

2021/3/1

『作例』にEx.631を追加しました。当然ですがこんなトラディショナルなアイテムも出来ます。イギリスのスエードの名門≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド)≫が誇る最高級カーフスエード≪スーパーバック≫で仕立てたダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。履き古したスエードスニーカーをリメイクしました。ワイルドな質感ですが高級感さえ感じさせる「オイルバケッタ加工」のご紹介です。