Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~


ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、安達紙器工業、レナウンインクス、リレメントラボラトリー、西川製帽ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS

2021年10月の定休日

6日(水)、13日(水)、20日(水)、27日(水)

 

 

 

 

イベント情報です

8/21(土)~8/22(日)  『BROSENTオーダー会 in 広島三越』終了いたしました

9/24(金)~9/26(日)  『BROSENTオーダー会 in 名古屋栄三越』終了いたしました

10/9(土)~10/11(月)『BROSENTオーダー会 in 札幌大丸』終了いたしました

            目黒の店舗は通常通り営業予定です

10/30(土)~10/31(月)『BROSENTオーダー会 in BLOOM shoelounge』開催予定

 

            目黒の店舗は通常通り営業予定です

11/5(金)~11/6(土)『BUNJIROW(文二郎)オーダー会』開催予定

 

 

 

限定・希少素材在庫状況

Photo

名前 / 色

解説

希少性

在庫状況


Elephant(エレファント) / Grey

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Red Brown

J&FJ Baker(英)

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Black

J&FJ Baker(英)

少し余裕あり


Shark Skin(シャーク)/ Grey

特大

残り僅か


黒桟革/ Black

坂本商店(日)

少し余裕あり


Derby(デルビー)/ Gold

Haas(仏)

残り僅か


Vegano Embos Crocodile(エンボスクロコ)
Annoney(仏)

特大

余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Indigo

Du Puy(仏)

特大

残り僅か


Dauphin(ドーフィン)/ Black
DEGERMANN(仏)

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Black

Du Puy(仏)※撥水レザー

残り僅か


Puma H(プーマH)/ Brown

Du Puy(仏)※撥水レザー

少し余裕あり


Utah Calf(ユタカーフ)/ Black

Haas(仏)

少し余裕あり


Utah Calf(ユタカーフ)/ Ebene

Haas(仏)

少し余裕あり


名称非公開/ Black

Haas(仏)

残り僅か


Doe Skin(ドエスキン)/Chocolate

Charles・F・Stead(英)

余裕あり


Antelope/Grey

KLEIN KAROO(南ア)

残り僅か


 

※在庫にない物もお探しいたしますので『こんな革(色)が欲しい』と言うことがあったらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

2021/10/19

『ブログ』を更新しました。恐るべき!まさに恐るべき仕様を見つけました。30年間の靴歴史の中で最高に快適な革底です!!イタリア≪ビブラム≫≪ガムライト≫の『あれ』です!!

2021/10/18

『作例』にEx.718を追加しました。赤味の強い茶色≪アメリカンチェリー≫をベースに、≪フレーム仕上≫を施したスクエアフロント・2アイレットダービー≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。新しい紳士靴のデザインに注目。新定番になる可能性の有る『ロイヤルキャップ』これから大注目です!

2021/10/17

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日はオリジナル仕上の一つ『アクセント』を施したお靴のご紹介です。メリハリがカッコいいです!

2021/10/16

『作例』にEx.717を追加しました。アバンギャルドなの来ました!『世界の一流ブランドがヤギ革を使う時には大概これですよ』と言われるフランス≪ALRAN(アルラン)≫の≪Chevre(シェーブル)≫を使用した異素材パープルグラデーションのシングルモンク≪Sidney(シドニー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。折角靴を作るなら「少し変わったオーダーらしい靴にしたい!」そんなお考えの皆様におススメなのがBROSENTでは定番と呼ばれる程の人気デザインダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)」です。カラーは同じく定番人気の≪Midnight Navy(ミッドナイトネイビー)≫が人気の組み合わせパターンです。

2021/10/15

『作例』にEx.716を追加しました。珍しいフランスの名門≪DuPuy(デュプイ)≫社の撥水レザー、≪Puma H≫を使ったプレーントゥオックスフォード≪Holly(ホリー)≫のご紹介です。茶靴派の方にお勧めの黒靴です。何故なら!?

『ブログ』を更新しました。人気メニューの革靴の染替え。まだ掲載されていない物や外部からの委託なども合わせると恐らく1,000足近くを染め替えていると思います。その中でも一番多いのが。。。何だと思います?

2021/10/14

『ブログ』を更新しました。秋になると履きたくなる「茶靴」。手染めで仕上げる茶靴はお店で購入する既成靴に比べて魅力10割増し!?手染めならではの風合いや温もりを感じて頂けると思います。

2021/10/13

毎週水曜日は定休日となっております。お問合せの返信等は木曜日以降となります。ご不便とおかけいたしますが予めご了承ください。

2021/10/12

『ブログ』をアップしました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は本間君からのかなりざっくりとしたビスポークについての質問に答えてみました。

2021/10/11

『ブログ』を更新しました。高級インポートシューズに使用された事でその名が広まり瞬く間に靴好きの心を鷲掴みにしたその革にインスパイアされてBROSENT独自で染色を行ったオリジナル仕上げ。それが「Mカーフ」です。今回は「Mカーフ仕上げ」の新色ネイビーブルーのご紹介です。

2021/10/10

『ニュース』をアップしました。今年春夏から展開している120年の歴史を誇る老舗帽子メーカー≪西川製帽≫さんの≪BUNJIROW(文二郎)≫。この秋も絶賛展開中なんですが、この度5代目の西川綾氏をお迎えしてオーダー会が出来る運びとなりました!

2021/10/9

『ブログ』を更新しました。ビスポークシューズを磨きました。革靴のお手入れは雑誌、SNSの影響で解りにくく難しい印象感じてませんか?難しく考え過ぎずに気楽にやりましょう。

2021/10/8

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。BROSENTのお客様は何もゴリゴリに拘った靴好きさんだけではありません。本日は『この位が平均価格かな?』なお靴のご紹介です。

2021/10/7

『ブログ』を更新しました。秋に履くサンダル。10月まで残暑が続くここ最近の温暖化の日本の気候なら秋に履くサンダルが有っても良いと思います。秋らしいサンダルとは!ANTELOPE(アンテロープ)で作るグルカサンダルお仕上がりが楽しみな1足です。

2021/10/5

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はカジュアルのシューズとブーツを1足ずつ。イギリス≪JOSEPH CHEANEY(ジョセフ・チーニー)≫のチェルシーブーツと、イタリア≪Silvano Lattanzi(シルバノ・ラッタンジ)≫のフルブローグダービーの染替え例のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。この度私久々に私靴を作ってみました。素材は今話題の~。。。『黒桟革(黒桟革)』です!!しかも私の靴だけに。。。

2021/10/4

『作例』にEx.715を追加しました。イタリア≪Conceria800≫のベジタブルタンニン鞣しのシュリンクの型押し≪ベルーガ≫で仕立てたリボンタッセルローファー≪Hanna(ハンナ)≫のご紹介です。ジャケットスタイルやカジュアルに合わせるデザインだけに、ボックス系の素材よりこちらの方が使いやすいと思います。

『ブログ』を更新しました。またまた素晴らしいオーダーシューズのご注文が入りました。両面使えるリバーシブルレザーが有るのはご存知でしょうか。まさに秋冬らしい!そんな1足に仕上がること間違え無しです。

2021/10/3

『ニュース』をアップしました。恒例となりました新潟≪BLOOM shoelounge≫さんでのオーダー会。今年も開催する運びとなりました!

2021/10/2

『作例』にEx.714を追加しました。来ました!バッキバキに拘りまくったカーフ&リザードを使ったコンビのスライドキャップトゥ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。これだけやってお値段は驚愕の!?

『ブログ』を更新しました。Tricker's(トリッカーズ)染替え(リカラー)実績NO.1!かもしれない程の実績が御座います。染料仕上げで革靴の良さを引き立たせます。

2021/10/1

『ニュース』をアップしました。いよいよ来週末、『BROSENTオーダー会 in 札幌大丸』が開催されます!今回は私どもだけでなく、本間君の元の職場でもある≪R&D≫さんや、札幌に店舗を構える≪The LOUNGE by Brift H≫さんとの合同イベント『靴磨きフェス』となります。