Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2020年9月の定休日

3日(水)、9日(水)、16日(水)、23日(水)、30日(水)

 

 

イベント情報です

 9/26(土)~9/27(日) BLOOM shoelounge(新潟)にてオーダー開催⇒『詳細』

 

 

 

 

2020/9/20

『作例』にEx.566を追加しました。一張羅用にお作り頂いたブラックカーフのキャップトゥ≪Lily(リリー)≫のご紹介です。同じアノネイでも1級を初めとする上位ランクのみを使用しているので光沢感が違います!

『ニュース』をアップしました。『1万円もするブラシは素人には必要ねぇ!』と言い切るBROSENTに、『これは丁度良い!!』と言うブラシが入荷してまいりました!!コストパフォーマンス抜群です!

2020/9/19

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は染替えの常連モデル。アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァン・ロングウィングと、フランス≪J.M.WESTON(J.M.ウェストン)≫のローファーの染替例です。

『ブログ』を更新しました。2020年秋のフジテレビ系新ドラマ≪ルパンの娘2≫にBROSENTのブーツ「ヴィクトリア」が再び俳優 渡部篤郎さんの役の衣装として使用されます。

2020/9/18

『作例』にEx.565を追加しました。≪ベルーガ≫と≪スーパーバック≫のネイビーを組み合わせたコンビのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。色が合っている上にどちらも素材感があるので非常にまとまって見えます。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。164回目の本日は高級エキゾチックレザー・リザードを使ったお靴のご紹介です。色自由&リーズナブルです!

2020/9/17

『ブログ』を更新しました。革靴の染替えをすると革は傷みますか?一概に「傷む」とも言えませんし「傷まない」とも言えません。ただ確実に何かしら変化は起きます。そんな内容のお話です。

2020/9/16

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/9/15

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は日米のテイストが真逆な靴を1足ずつ。アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のローファーと、日本≪Soffice&Solid(ソフィス&ソリッド)≫のサイドエラスティックの染替例です。

『ニュース』をアップしました。クロコの靴が欲しい!けど高くて買えない!!ではこんなのは如何でしょう?安いですよ。染められますよ。

2020/9/14

『作例』にEx.564を追加しました。久々にカラーシューズのご紹介。濃淡を付けた≪グリーングラス≫で仕上げたダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫です。

『ブログ』を更新しました。≪AUBERCY(オーベルシー)≫フランス パリの名靴の1つですね。個人的にもとても好きなブランドです。同時に2足の「靴の染め替え」のご依頼です。どの様に生まれ変わるのでしょうか。

2020/9/13

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はサドルソープの使い方についてのご質問にお答えします。バケツに突っ込んで洗っている方!今日からは止めましょう!!

2020/9/12

『作例』にEx.563を追加しました。BROSENTで作れる靴で最もシンプルな靴の一つ。ブラックカーフで仕立てたスクエアフロントの2アイレットプレーントゥダービー≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。≪コードヴァン≫本当に不思議な革です。不可解?な謎ばかり。なんでこんな色抜けするのか?考える程に・・・ご依頼の≪色抜けコードヴァンの黒染め≫を行いました。

2020/9/11

『作例』にEx.562を追加しました。スリッポンですがビジネスユースの方が多いため年間を通して人気のあるサイドエラスティック。特に珍しいダイヤモンドキャップのサイドエラスティック≪Maria(マリア)≫は好評です。

『ブログ』を更新しました。久々に私靴作ってみました。これでも雨でも大丈夫で出張もOKな靴です。さぁどんな靴でしょう!?

2020/9/10

『ブログ』を更新しました。「手染めの革製品」は1つずつ職人が染色して仕上げるので唯一無二、この世に2つとして同じものは存在しません。それが特徴で有り魅力の1つですね。

2020/9/9

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/9/8

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は同じグッドイヤー製法なので全く異なる雰囲気を持つ2足。≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫製の≪Paul Stuart(ポールスチュアート)≫のモンクと、≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンレースアップブーツの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第163回目の本日は『最強のビジネスシューズなんじゃないか!?』と思わせる靴のご紹介です。

2020/9/7

『作例』にEx.561を追加しました。良い意味で拘りを持っていらっしゃる方がオーダーする気がします。ブラックカーフのショートウィングオックスフォード≪Turner(ターナー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。BROSENTらしいオーダーシューズのお仕上がりです。ただでさえ存在感の有る≪スペクテーターシューズ(コンビシューズ)≫ですが手染めの独特なカラーが加わる事で他には類を見ない1足に仕上がりました。

2020/9/6

『ニュース』をアップしました。新潟、中部北陸地方の皆様、お待たせいたしました!来る9/26(土)~9/27(日)の2日間、新潟の≪BLOOM shoelounge≫様にて2回目となりますオーダー会を開催することが決定いたしました!

2020/9/5

『作例』にEx.560を追加しました。赤味を帯びたミディアムブラウン≪マーブルチョコレート≫で仕上げたダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。トゥに向けて濃くするグラデーションと、パーフォレーションを濃くするアクセントを少し入れてあります。

『ブログ』を更新しました。イタリアの超高級靴メーカー≪シルバノラッタンジ≫今回で3足目の染替えのご依頼です。淡いブルーグラデーションカラーに仕上がりました。

2020/9/4

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のダブルネームネームとOEMを1足ずつ。≪BEAMS(ビームス)≫とのダブルネームのローファーと、≪Paul Stuart(ポールスチュアート)≫ネームのキャップトゥの染替例です。

『ニュース』をアップしました。ニュースです!幻の皮革ロシアンカーフの復刻版『ベーカーズロシンアンカーフ』が少量限定で入荷いたしました!!19世紀に書かれた貴重な書物と共にご紹介いたします!

2020/9/3

『作例』にEx.559を追加しました。サドル部分に高級素材リザードをあしらったローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。ブラックカーフ&ブラックリザード。。。クールです!(`・ω・´)b

『ブログ』を更新しました。新作デザインのシングルモンク≪Nancy(ナンシー)≫早速オーダー頂いたお靴が仕上がってきました。デザインサンプルと同じ?良く見るとちょっとした変更点が2か所有ります。皆さんお解りになりますか?

2020/9/2

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/9/1

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は日米のトラッド系ブランドから。日本≪KOKON(ココン)≫のプレーントゥオックスフォードと、アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のエプロンフロントの2足です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は人気の仕上げ≪Mカーフ仕上≫のメンテナンス方法に関するご質問にお答えします。