Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2021年1月の定休日

6日(水)、13日(水)20日(水)、27日(水)

 

とうとう出てしまいましたね、非常事態宣言。。。(T_T)

前回同様、靴屋は生活必需品販売に該当するとして休業要請はございません。

なので今のところ通常営業でやらせていただきます。

マスク、換気、フェイスシールド、アクリル板、アルコールハンドジェル、アルコールスプレー、次亜塩素酸ナトリウム消毒液とありとあらゆるコロナ対策をご用意してお待ち申しております。

何か変更がありましたら追ってお知らせいたします。

 

 

イベント情報です

 ・Winter Sale 2021/1/4(月)~2021/1/31(日) 詳細は⇒『こちら』

 

 

 

限定素材在庫状況

Photo

名前 / 色

解説

希少性

在庫状況


Elephant(エレファント) / Grey

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Red Brown

完売


Shark Skin(シャーク)/ Grey

特大

余裕あり


Derby(デルビー)/ Blue

残り僅か


Derby(デルビー)/ Brown

残り僅か


Embos Crocodile(エンボスクロコ)

少し余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Black

特大

少し余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Navy

特大

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Black

※撥水レザー

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Brown

※撥水レザー

少し余裕あり


2021/1/21

『ブログ』を更新しました。特殊なお色の靴に合わせるベルトをお探しの皆様。BROSENTにご相談ください。オーダーシューズに合わせてオーダーベルトもセットでご依頼頂きました。

2021/1/19

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は顔料きつめで苦戦した2足。イギリスの≪Tricker's(トリッカーズ)≫のブローグシューズと、国産≪SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)≫のキャップトゥの染替例です。

『ニュース』をアップしました。急報です!!現在絶賛開催中の≪2021 Winter Sale≫。そのメイン素材である【Haas/Box】のブラックがご好評につき完売となってしまいました!!そこで!!

2021/1/18

『作例』にEx.613を追加しました。オプションでキャップ部にパーフォレーション(穴飾り)を追加したなかなかに渋めのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。アメリカントラッドな雰囲気に多くのファンがいるブランド≪Johnston&Murphy(ジョンストン&マーフィー)≫茶靴から黒靴への染替えのご紹介です。

2021/1/17

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『靴を買う時に気のポイント、しかもあまり知られてないポイント』と言う難儀なご質問にお答えします。靴を買う時にきっと役に立ちますよ!

2021/1/16

『作例』にEx.612を追加しました。14~16世紀のルネサンス絵画をイメージしたBROSENTを代表するミディアムブラウン≪ルネサンスマローネ≫で仕上げたエプロンフロントダービー≪Leila(レイラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。アンティークフィニッシュとは新しいのにわざと長年履き込んだ様な風合いを出す仕上げ方法です。クラッシックな雰囲気が高級感を演出してくれます。

2021/1/15

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はみんな大好きなこちらの2足。アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンサドルと、フランス≪Paraboots(パラブーツ)≫のチロリアンの染替例です。

『ブログ』を更新しました。皆さん、突然ですが下を見てみてください。ベルト、ありますよね?そのベルト、よ~く見てみてください!!本日はベルトの色剥げ補修のお話です。

2021/1/14

『ブログ』を更新しました。個人的に履いている靴をBROSENTで人気の「ミッドナイトネイビー」に染め変えてみました。薄い色の靴も良いんですがやはり濃いカラーにした事で断然履く機会が増えたんです。やはり黒~ネイビー系の靴は使い勝手が良いなと改めて感じた内容です。

2021/1/13

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/1/12

『作例』にEx.611を追加しました。かなり濃いめの≪ミッドナイトネイビー≫で仕上げたクウォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。これだけ濃いと室内や夜間など暗いところではほとんど黒に見えます。ですが。。。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『BROSENTのオーダー靴とは?』、100%標準仕様でお作り頂いたお靴のご紹介です。

2021/1/11

『ブログ』を更新しました。上質な革を使用した黒靴を1足は所有しておきたいですよね。セール期間中は総額から25%OFFで黒靴のオーダーが出来ちゃいます。世界トップクラスの黒革でオーダーシューズをお作りしませんか。

2021/1/10

『作例』にEx.610を追加しました。作例が14ページ目に突入しました!本日はドレス使用を意識しまくったレースアップブーツ≪Dorothy(ドロシー)≫のご紹介です。どの辺がドレスかと言うと。。。

『ブログ』を更新しました。BROSENTでは現在≪Winter Sale≫の真っ最中。人気の皮革が15~25%の割引となっております。その中でも今回はスエードが大健闘しております。

2021/1/9

『作例』にEx.609を追加しました。最も英国らしいスエードのカラーと言われる『Snuff(スナッフ)』。本日は≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド)≫の≪オールドスナッフ≫と言われるカラーでお作りしたチェルシーブーツ≪Victoria(ヴィクトリア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。大好評!お手頃価格でオーダー出来る「手染めベルト」のご紹介です。オーダーシューズに合わせて、又はお持ちの靴に合わせて染色して仕上げさせて頂きます。

2021/1/8

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は染替の定番、アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンと、日本の≪Scotch Grain(スコッチグレイン)≫のスパイダーの2足です。

『ブログ』を更新しました。BROSENTでは靴以外にも、『ベルト』や『トロリーケース』など様々なオーダーを承っております。本日はちょっと珍しい色のシューズメイクボックスを作ったのでそちらをご紹介させていただきます。

2021/1/7

『作例』にEx.608を追加しました。今業界内で注目されているデザイン、シングルモンク。BROSENTでも2020A/Wから≪Sidney(シドニー)≫と言うモデルで展開を開始しております。今回はちょっと珍しい仕様でご注文頂きました。

『ブログ』を更新しました。良く耳にする「革の個体差」ってどう言う事?皆さんの右手と左手のシワや革の厚みも同じでは無いですよね。天然皮革は1つとして同じものは有りません。それが個体差に繋がるんだと思います。今回はそんな内容のお話です。

2021/1/6

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/1/5

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はトラッドとモダン、対極なお靴を2足。イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のタッセルローファーと、イタリア≪Santoni(サントーニ)≫のキャップトゥの染替例です。どちらも革質の復活がはっきりと分かる仕上がりとなっております。

『ブログ』を更新しました。2021年最初の『BROSENT知恵袋』。本日は『靴の重さ』に関するご質問にお答えします。

2021/1/4

『作例』にEx.607を追加しました。ほぼフルスペックのチャッカブーツ≪Alice(アリス)≫のご注文を頂きました。アッパーは華やかさと落着きを併せ持つ≪クラシックボルドー≫。ネイビーやグレーとの相性抜群です。

『ブログ』を更新しました。新年明けましておめでとう御座います!本年も宜しくお願い致します。本日より≪WINTER SALE 2021≫がスタートです。人気の素材を使用したオーダーシューズを15%~25%OFFでご案内中ですよ。

2020/12/28

『ニュース』をアップしました。2020年の営業は本日をもって終了させていただきます。1年間ありがとうございました!そして年明けは!!Winter Sale開幕です!!

2020/12/27

『ブログ』を更新しました。BROSENTには時々気まぐれで買う限定素材、レア素材があります。そのレア素材を使って、ちょっと珍しいレア仕様で靴を作ると。。。何と!!!

2020/12/26

『作例』にEx.606を追加しました。テーラーさんにお勤めの女性のお客様からのご注文。ピンクカーフで仕立てたダイヤモンドキャップのサイドエラスティック≪Maria(マリア)≫のご紹介です。トゥはスワロフスキーメダリオン入りです。

『ブログ』を更新しました。大好評のメニュー革靴の染替えですが現在≪John Lobb(ジョンロブ)≫渋滞が発生中。高級靴の染替えはBROSENTにお任せください。

2020/12/25

『作例』にEx.605を追加しました。私が今一番気に入っている色≪ディープパープル≫で仕上げたスライドキャップトゥ≪ヴィッキー≫のご紹介です。BROSENTにはパープルが2種類ありこちらは日本名で言うと『青紫』になります。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『ちょいラグ靴は如何ですか?』なお靴のご紹介です。BROSENTなら思いの外安く出来ちゃいますよ!

2020/12/24

『ブログ』を更新しました。若い世代を中心に人気の「タッセルローファー」ですがBROSENTでは大人っぽいシルエットなので40代、50代の男性からも人気です。

2020/12/23

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/12/22

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はブラックへの染替例を2足。共に染替初登場です。そして共に。。。存じ上げませんでした。。。(T_T)/。アメリカの≪Wolf & Shepherd(ウルフ&シェパード)≫と、日本の≪TAKAHIROMIYASHITATheSoloist(タカヒロミヤシタザソロイスト)≫の染替例です。

『ブログ』を更新しました。今月末まで開催中の『コードヴァン取扱開始記念フェア』。早速お客様からご注文を頂いております。中には珍しいカラーのコードヴァンのご注文も。。。

2020/12/21

『作例』にEx.604を追加しました。BROSENTの隠れ鉄板モデル、ブラックのプレーンオックスフォード≪Grace(グレース)≫です。通常はカーフでのご注文がほとんどなんですが、こちらは。。。コードヴァン製です!

『ブログ』を更新しました。指先の感覚や筆の動かし方。1足の靴を染め上げる為の技術は経験から得るものです。BROSENTの染色技術を惜しみなく使った1足が仕上がりました。

2020/12/20

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はアッパーに使われる皮革の良し悪しについてのご質問にお答えします。

2020/12/19

『作例』にEx.603を追加しました。まさに王道、トラディショナルなブラックカーフのフルブローグ=ウィングチップ≪Claire(クレア)≫のご紹介です。これでBROSENTがトラッド靴だと言うことがお分かりいただけたますよ(笑)

『ブログ』を更新しました。≪新作先行受注&コードヴァン フェア≫今回はもう一つの新作デザイン プレーントゥヴァンプのご紹介です。モデル名は『Flora(フローラ)』です。カジュアル~フォーマルまで幅広くお作り頂けるシンプルなデザインです。

2020/12/18

『作例』にEx.602を追加しました。人気の≪ニューアーバングレー≫で仕上げたチェルシーブーツ≪Victoria(ヴィクトリア)≫のご紹介です。ちょっと変わった仕上方法を取っているんですが分かりますか?

『ブログ』を更新しました。ちょっと前の『Remember past order』で『足が臭い(と言われたことがある)方にお勧め』的なことを書いたところ、お客様に色々と聞かれまして。。。じゃあコラムに書いちゃおうと言うことで本日はそのお話です。 

2020/12/17

『ブログ』を更新しました。現在開催中の新作&コードヴァン先行受注フェアですが早くも大反響です。その理由はスリムな大人顔の「アルゴンキンフロント(Vチップ)」の仕上がりの良さではないでしょうか。是非ご覧ください。

2020/12/16

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/12/15

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は日英のドレスシューズを。日は≪Fibonacci(フィボナッチ)≫のプレーンオックスフォード。M社製かな?英は≪GAZIANO GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)≫のセミブローグです。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『小僧にならない大人なスリッポン』のご紹介です。

2020/12/14

『作例』にEx.601を追加しました。赤味の強い茶色≪アメリカンチェリー≫をベースに≪フレーム仕上≫を施したダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。バックルもゴールドとかなりアバンギャルドな雰囲気に仕上がりました。

『ブログ』を更新しました。大好評「革靴の染替え」のご紹介です。今回染替えを行った靴は百貨店棟でお馴染みの「madras(マドラス)」の革靴です。生まれ変わった靴をご覧ください。

2020/12/13

『ニュース』をアップしました。先日ご案内した『2021春夏の新作モデルの先行受注』と『コードヴァン取扱開始』のフェア!!もう一つのサンプルがようやく上がってきたので本日ご紹介させて頂きます。。素材は。。。コードヴァンです!!

2020/12/12

『作例』にEx.600を追加しました。作例もついに600足目です!記念すべき600足目は手前味噌!シャークスキンと撥水スエード≪オッタープルーフ≫を使ったコンビのウィングモンク≪Nancy(ナンシー)≫、私の私靴です!

『ブログ』を更新しました。1足の靴を仕上げる為にたくさんの道具、イメージ、技術が必要です。経験を積めば積む程に色々な事が表現できる様になります。額縁の中の絵画の様なイメージのオリジナルフィニッシュ≪フレーム仕上げ≫のご紹介です。

2020/12/11

『作例』にEx.599を追加しました。かなり濃いめの≪ミッドナイトネイビー≫で仕上げたダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。ベストセラーモデルとベストセラーカラーを組み合わせたBROSENT鉄板の1足です。

『ニュース』をアップしました。『2021春夏の新作モデルの先行受注』と『コードヴァン取扱開始』のフェアに関するご案内!!2020年のファイナルチャンスです!!

2020/12/10

『ブログ』を更新しました。ベルトのお手入れサボってませんか?靴はキレイなのにベルトが・・・実は結構見らえてますよ。簡単ケアなので是非ご参考にしてみて下さいね。

2020/12/9

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/12/8

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はカジュアル靴を2足。ドメスティックブランド≪John Bull(ジョンブル)≫のプレーントゥと、イギリス≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーブーツの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日はBROSENTのオーダーの基本仕様の一つ≪キューバンヒール≫についてのご質問にお答えします。

2020/12/7

『作例』にEx.598を追加しました。ブラックカーフでお作りしたエプロンフロント≪Leila(レイラ)≫のご注文を頂きました。エプロンフロント=ユーチップと言えば基本的にはカジュアル靴なので茶系が思い浮かびますが、セミスクエアラストでブラックだとグッと締まってドレッシーに見えますね。

『ブログ』を更新しました。John Lobb DarbyⅢ(ジョンロブ ダービーⅢ)の染替えを行いました。ウォールナット ⇒ ダークブラウンへ染色を行ったお仕上がりをご覧ください。

2020/12/6

『ブログ』を更新しました。この度コードヴァンをオーダー出来る素材の半レギュラーにするべく購入してみました!取敢えず春の新作のサンプルに使ってみます。

2020/12/5

『作例』にEx.597を追加しました。カジュアル色を強めたオックスフォードレースアップ≪Dorothy(ドロシー)≫のご紹介です。BROSENT流アーバンカントリーブーツと言ったところでしょうか?

『ブログ』を更新しました。イタリアの高級シューズブランド『ZINTALA(ジンターラ)』のブーツを茶色から黒へ染替えを行いました。顔料ではなく染料で仕上げた美しい仕上がりは必見です。

2020/12/4

『作例』にEx.596を追加しました。シンプルなブラックカーフのモカシンヴァンプ≪Kelly(ケリー)≫のご注文を頂きました。ローファーよりすっきりしている分何にでも合わせられ、学生っぽく見えません。大人諸氏!!今こそヴァンプ復権の時です!!

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。173回目の本日は赤味の入った茶靴のお話です。徹底(?)解説します!!

2020/12/3

『ブログ』を更新しました。ムラ染めの靴は紙一重。少し間違えると汚らしく見えてしまいます。視覚的に上品さと高級感を与える様なオリジナルフィニッシュ≪Mカーフ(ムラ染め)≫で仕上げた1足です。

2020/12/2

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/12/1

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はイギリスメーカーの二大巨頭!≪John Lobb(ジョンロブ)≫のダブルモンクと、≪Edward Green(エドワードグリーン)≫のパンチドキャップの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は靴を買う時に役に立つ(?)、『グッドイヤー製法とマッケイ製法の靴の特徴と見分け方』のお話です。