Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2020年10月の定休日

7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)

 

 

イベント情報です

 10/4(日)~10/31(土) BROSENT的クラウドファンディング(風)~グレーのシャーク欲しい人!開催中!詳しくは⇒『こちら』

 

※現在の応募総数 3名  現在割引率5%!!

 

2020/10/21

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/10/20

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は対極のスタイルを持つお靴を2足。フランス≪Paraboot(パラブーツ)≫のエプロンダービーと。。。出ました!久々の超ど級!!オーストリアのビスポークメーカー≪MAFTEI(マフテイ)≫のブローグダービーの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。167回目の本日はお客様の3つのご要望にお答えした普段履きのご紹介です。さてどんなご要望でしょう?

2020/10/19

『作例』にEx.578を追加しました。ブラック、に見える≪New Urban Grey(ニューアーバングレー)≫の超濃い版でお作りしたプレーントゥオックスフォードの≪Holly(ホリー)≫のご紹介です。遊び心のある仕様を持つ、BROSENTが得意な地味派手な1足です。

『ブログ』を更新しました。昨日で「そごう横浜店」様でのオーダーイベントが終了いたしました。悪天候の中、ご来店頂いた皆様有難うございました。イベントでも好評だったブーツモデル「ドロシー」のご紹介も合わせてご覧ください。

2020/10/18

『ブログ』を更新しました。少し前にお客様のご要望でゾウ革を購入した話を掲載したのを覚えておいででしょうか?遂に完成したのでご紹介いたします。本日はチャッカブーツ編です。

2020/10/17

『作例』にEx.577を追加しました。光の当たり具合によってネイビーの下からグリーンが透けて見える不思議なカラー≪Persian Blue(ペルシャンブルー)≫で仕上げたエプロンフロント、ユーチップ≪Leila(レイラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。先日、新規のお取り扱いを開始した商品≪CAMBER BRUSH(キャンバーブラシ)≫1か月程、使用してみました。使い心地や性能は?忖度無しで正直にご報告します☆

2020/10/16

『作例』にEx.576を追加しました。秋冬の新作フルブローグシングルストラップの≪Nancy(ナンシー)≫のご紹介です。アッパー、ライニング、ソールとオールブラウンでまとめた1足です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『血筋とトラ』に関するご質問にお答えします。血筋とトラって知ってます?海外では実は。。。

2020/10/15

『ブログ』を更新しました。先日よりご案内しておりましたドラマが本日より放送スタートです。フジテレビ系 ≪ルパンの娘(続編)≫本日10/15(木)22:00~放送スタートです。BROSENTの靴は本日登場するのか?泥棒スーツに着替えた渡部篤郎さんの足元に注目です!

2020/10/14

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/10/13

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はモダン寄り英国ブランドを2足。≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のワンピースと、≪John Lobb(ジョンロブ)≫のダブルモンクの染替例です。

『ブログ』を更新しました。本日は恐るべき技術と、美しい造形美を持った、数千円で買える世界が認めたプロダクト製品のご紹介です。

2020/10/12

『作例』にEx.575を追加しました。人気カラー≪ミッドナイトネイビー≫で仕上げたベストセラーモデル、ダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。コバとレースをブラウンにしたことで少しソフトなイメージになりました。

『ブログ』を更新しました。緊急告知です!幻の革と呼ばれる超希少レザー「イギリスの≪J&FJ BAKER(J&FJ ベーカー)」のロシアンカーフが後1足分オーダー可能となりました。1足だけですよ!早い者勝ちです!

2020/10/11

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第166回目の本日は『これでもインポートが良い?』と言うお靴のご紹介です。元インポート屋が言ってるんだから間違いなしです!!

2020/10/10

『作例』にEx.574を追加しました。季節柄ブーツのオーダーが増えてきました。本日はBROSENTのブーツの中で最も人気のあるチェルシーブーツ=サイドゴアブーツ≪Victoria(ヴィクトリア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。珍しい仕様のオーダーシューズのご紹介です。左右非対称の≪アシンメトリー≫でお作り頂きました。個性的ではありながらドレス感も感じられる絶妙なバランスの1足をご覧ください。

2020/10/9

『作例』にEx.573を追加しました。ダークブラウン≪トラディショナルブラウン≫を≪Mカーフ仕上≫で染め上げたスクエアフロント≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。おフランスの香りがする1足に仕上がりました。

『ブログ』を更新しました。最近自分で作る靴で必ずチョイスしているオプションがあります。数千円で色々とメリットがある優れもののオプションです。本日はそちらのご紹介です。

2020/10/8

『ブログ』を更新しました。今回はお客様からお預かりした「スコッチグレイン スパイダー」ブラックカラーのブーツのご紹介です。・・・あれ?ブラックカラー??

2020/10/7

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2020/10/6

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日も2足です。意外と多い国産≪Scotch Grain(スコッチグレイン)≫のスパイダーと、イギリス≪John Lobb(ジョンロブ)≫のエプロンフロントの染替例です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『新しい革靴を履き下ろす時注意する点があったら教えてください』と言うご質問にお答えします。

2020/10/5

『作例』にEx.572を追加しました。ムラ感を好まない方にはブラックで使用している≪Vocalou(ボカルー)≫をお勧めしています。本日のご紹介はその革の≪ダークブラウン≫を使用したダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫です。カラーステッチがワンポイントです。

『ブログ』を更新しました。神奈川エリアの皆様、そごう横浜店でBROSENTオーダーイベントの開催が決定いたしました。10/16(金)~18(日)の3日間、是非ご来店お待ちしております。

2020/10/4

『ブログ』を更新しました。貴重なグレーのシャークスキンを皆で買いませんか?と言う訳でクラウドファンディング的なことやります!!

2020/10/3

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はミディアムブラウンからダークブラウンへの染替を2足。イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のパンチドキャップと、クロケットが流石に霞んで見える知る人ぞ知るハンガリーのビスポークメーカー≪Harai Schuhe(ハライシューズ)≫のフルブローグの染替例です。初めて見た。。。( ゚Д゚)

『ブログ』を更新しました。人気のオリジナル仕上げ≪ミュージアムカーフ 風 仕上げ≫はオーダーシューズ専用の仕上げ方法で御座います。革靴の染替えでご依頼頂く場合は「条件付き」での受注となります。

2020/10/2

『作例』にEx.571を追加しました。人気のカラー≪ニューアーバングレー≫で仕上げたクウォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。何度も書いていますが、穴飾りの無いキャップトゥよりこちらのデザインの方が汎用性高しです。

『ブログ』を更新しました。本日のブログはタイトルにも書いてある通り人気の素材≪コードヴァン≫のお話です。衝撃作。。。また書いちゃいました。。。(;^_^A

2020/10/1

『作例』にEx.570を追加しました。シュリンクレザーの型押し≪ベルーガ≫で仕上げたダイアモンドキャップ≪Maria(マリア)≫のご紹介です。ナチュラルのコバがワンポイントとして効いています。

『ブログ』を更新しました。革靴の染替え のご依頼の際、良くご依頼されるカラーの1つに≪ダークオーク≫と言う色が有ります。非常にバラツキが多い統一性の無いカラーの為、ご依頼の際はご注意ください。