Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、折田商会、安達紙器工業ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS&Facebook


2019年5月の定休日

1日(水)、8日(水)、15日(水)、22日(水)、29日(水)

 

イベント情報

 

 

 

 

 

 

2019/5/25

『ニュース』をアップしました。いよいよ本日より2019S/Sの新作タッセルローファーの≪Emma(エマ)≫が発売開始となります!!お得な情報付きです!

2019/5/24

革の染替え』の施術例を追加しました。本日はド級!フランス祭りです!≪Berluti(ベルルッティ)≫のビスポークを≪Berluti≫のレディメイド風に、≪John Lobb(ジョンロブ)≫を同じく≪Berluti≫のレディメイド風に染め替えました!

『ブログ』を更新しました。今回は人気の染替え「before」「after」blogです。お靴は「EDWARD GREEN(エドワードグリーン)」ですよ。さてさて、お仕上がりはどの様に?ブログをご覧下さい。

2019/5/23

『作例』に.380を追加しました。オーダーの平均単価はこの位かもしれません。本日はご注文の多い仕様を盛り込んだBROSENTのオーソドックスとも言える1足をご紹介致します。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第101回目の本日は気付けれないけど、結構作るの大変よ、な靴のご紹介です。

2019/5/22

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2019/5/21

『ブログ』を更新しました。染色専用に作られた「リザードレザー(トカゲ革)」を使用すればお好きな色に染色してオーダーシューズのご注文をお承り致します。※今回ご紹介した「爬虫類レザー」は染色専用に作られた特別な革です。お持ちの爬虫類革の染替えなどは行えませんのでご注意ください。

2019/5/20

『作例』に.379を追加しました。BROSENTのオーダーは何もドレスシューズだけではありません。本日はカントリー調のチェルシーブーティ≪Victoria(ヴィクトリア)≫をご紹介します。

『ブログ』を更新しました。オーダー用のオリジナルカラーには2種類の紫、パープルがございます。一言で紫と申しましても、実は色々な紫があることをご存知でしょうか?本日はこの2つの紫をご紹介しようと思います。

2019/5/19

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日はシューレースのお話です。価格は安いですが靴の印象をガラリと変える力を持っております。舐めてはいけません!!

『ブログ』を更新しました。3色の色を使った「トリコロールカラー」のオーダーシューズのご紹介です。仕上げてる最中「パズル(・・?」をやってる様な。そんな気持ちになった難易度MAXの仕上げ。とても素敵な靴に仕上がりました!

2019/5/18

『作例』に.378を追加しました。イギリス≪チャールズ・F・ステッド≫のスエードを使った上品なダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。≪Rebecca(レベッカ)≫はオプションでトゥをプレーンに変更することが出来ます。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。今回で100回目を迎えました!その記念と言う訳ではありませんが、本日は『これがBROSENTの神髄だ!』と言える靴のご紹介します!!

2019/5/17

革の染替え』の施術例を追加しました。本日はメンズとレディースのキャップトゥを2足。メンズは≪Scotch Grain(スコッチグレイン)≫、レディースは≪MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)≫です。

『ブログ』を更新しました。EDWARD GREEN(エドワードグリーン)のグレーカラーとBROSENTのオリジナルカラー「Newアーバングレー」の染色を比べてみました。一流メーカーの仕上がりと比べてもそんなに遜色は無い様な☆

2019/5/16

『作例』に.377を追加しました。BROSENTにしては珍しい(?)、オーソドックスなワインカラーのローファーのご紹介です!普通の靴が欲しいお客様、ご安心ください。出来ます!!

『ブログ』を更新しました。実はベルトにも採用されているフリーカラーシステム。なので色はもちろん仕上げ方まで靴とベルトを一緒にすることが可能です。

2019/5/15

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2019/5/14

革の染替え』の施術例を追加しました。本日は定番ブランドから。イギリス≪Church's(チャーチ)≫のフルブローグと、アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のレースアップブーツの2足です。

『ブログ』を更新しました。履かなくなったスエードの靴やブーツをリメイクします。捨てようかなとお考えの皆様!《オイルバケッタ風》加工でまだまだ履ける様に仕上げ直す事が出来るかもしれません!

2019/5/13

『作例』に.376を追加しました。シンプルにしてエレガントなブラックのスクエアフロント2アイレットプレーントゥダービー≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。この手の靴は持ってるとビジネスシーンでヘビロテ間違いないですよ!!

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第99回目の本日はカッコ良い靴を作るコツについてのお話です。私たちを上手に使いまくって下さい!!

2019/5/12

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は掲載時問合せが連発した衝撃の問題作です。題して『ハイシャインを20秒で完全除去する方法』です!!

『ブログ』を更新しました。最終結果発表!!4月に開催した「3th Anniversary フェア」※このフェアは現在は終了しております。一番オーダー頂いたデザインが決まりました!中間発表から驚きの順位入れ替わりが有りました☆人気NO1はどのモデルに輝いたのか☆

2019/5/11

『作例』に.375を追加しました。本日より作例も9ページ目に突入しました!ご注文いただいたお客様!ありがとうございますm(__)m 本日は色、仕上、コバ色と色々と計算しつくされたショートウィング≪Turner(ターナー)≫のご紹介です!

『ブログ』を更新しました。何十万するビスポークと、素材を変えるだけのパターンオーダーの中間をいくBROSENT独自のオーダーシステム。本日はオーダー時のフィッティング方法についてのお話です。

2019/5/10

革の染替え』の施術例を追加しました。本日は対照的なスタイルの靴を2足。≪Scotchgrain(スコッチグレイン)≫のプレーントゥダービーと、≪Santoni(サントーニ)≫のサイドレースです。

『ブログ』を更新しました。「白×黒」or「白×茶」のコンビシューズ(スペクテーターシューズ)どちらがお好みですか?

春夏に大活躍!履くだけでお洒落に見える魔法の靴?のご紹介です!

2019/5/9

『作例』に.374を追加しました。BROSENT史上最も濃いネイビー、まさに≪Midnight Navy(ミッドナイトネイビー)≫と言える色で仕上げたプレーントゥオックスフォード≪Grace(グレース)≫のご紹介です。黒にしか見えません。。。(;^_^A

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第98回目の本日は歩きやすい、且つエレガントなお散歩サンダルのご紹介です!

2019/5/8

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2019/5/7

革の染替え』の施術例を追加しました。本日はメンズとレディースのブーツの例を。メンズは≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーの名作モンキーブーツ、レディースは≪Marc by Mark Jacobs(マーク・バイ・マークジェイコブス)≫のミドルブーツです。

『ブログ』を更新しました。目黒で靴磨きをお探しの方はBROSENTにお任せください。1500円+税で汚れ落しから保湿、補色、艶出しまで美しく靴が蘇りますよ☆お急ぎの方も出来り限りご対応させて頂きます。

2019/5/6

『作例』に.373を追加しました。ホワイトの外はと目にした事でちょっとポップな雰囲気となったBlack&Whiteのスペクテーター・フルブローグ≪Claire(クレア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。染めと白や淡い色のスエードとのコンビを作成する場合。BROSENTではこんな方法を使います。面倒ですが、完璧を期すために。

2019/5/5

『エキサイトブログ』に過去のブログを掲載しています。初めての方も、読み逃した方も是非!本日は『経年変化』についてのお話です。革靴の話になると良く出てくる言葉ですが、『良い経年変化』と『経年劣化』をはき違えてませんか?本日は『良い経年変化』の条件のお話です。

『ブログ』を更新しました。完成!!春夏っぽい2足のオーダーシューズ(後編)です。前回の2足のオーダーシューズが仕上がりました☆これ日本の靴???と思う程に突き抜けた仕上がりになりました。とても素敵な2足ですので皆さんに是非見て頂きたいです!!

2019/5/4

革の染替え』の施術例を追加しました。本日はイギリスの2大巨頭からブーツの染替え例を2足。≪Tricker's(トリッカーズ)≫のカントリーブーツと、≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のチェルシーブーツです。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。第97回目の本日は色の濃淡のお話です。BROSENTなら『この靴デザインは良いんだけど、もう少し色が濃ければなぁ。。。』と言うことはありません。

2019/5/3

『作例』に.372を追加しました。漆黒のダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。オーダーなので様々なオプションを盛り込もうと思えば盛り込めるんですが、こういった同じ方向性で必要な物だけ最低限盛り込んだ、引き算で出来た靴が本当のお洒落靴だと思います。

『ブログ』を更新しました。昨日のハルボロラバー社のカレンダー掲載の興奮冷めやらぬ令和2発目のブログは!!

春夏に履きたい!そんな爽やかな靴。今回は2足の爽やかシューズのご注文です。今回もスゴイ靴になりそうですよ☆

2019/5/2

『作例』に.371を追加しました。茶系や型押しを使ったオーソドックスなカントリーブーツも良いですが、ブラックカーフを使ったクールなやつもカッコ良いですよ!!是非ご覧ください!!

『ニュース』をアップしました。令和第1弾のブログはビッグニュースです。≪ダイナイトソール≫を生産する≪ハルボロラバー社≫の125周年カレンダーに日本を代表してBROSENTの靴が採用されました!!

2019/5/1

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。