Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~



ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、安達紙器工業、レナウンインクス、リレメントラボラトリー、西川製帽ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS

2021年7月の定休日

7日(水)、14日(水)、21日(水)、28日(水)

 

 

 

イベント情報です

6/26(土)~8/1(日) 『2021 SUMMER SALE~アンダイド+α』開催

7/25(日)~8/22(日)  第2回クラウドファンディング的なやつ~黒桟革≪ジェルストーン≫開催

8/21(土)~8/22(日)  『BROSENTオーダー会 in 広島三越』開催

 

 

 

限定・希少素材在庫状況

Photo

名前 / 色

解説

希少性

在庫状況


Elephant(エレファント) / Grey

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Red Brown

J&FJ Baker(英)

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Black

J&FJ Baker(英)

少し余裕あり


Shark Skin(シャーク)/ Grey

特大

残り僅か


黒桟革/ Black

坂本商店(日)

少し余裕あり


Derby(デルビー)/ Gold

Haas(仏)

残り僅か


Vegano Embos Crocodile(エンボスクロコ)
Annoney(仏)

特大

余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Indigo

Du Puy(仏)

特大

残り僅か


Dauphin(ドーフィン)/ Black
DEGERMANN(仏)

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Black

Du Puy(仏)※撥水レザー

残り僅か


Puma H(プーマH)/ Brown

Du Puy(仏)※撥水レザー

少し余裕あり


Utah Calf(ユタカーフ)/ Black

Haas(仏)

少し余裕あり


Utah Calf(ユタカーフ)/ Ebene

Haas(仏)

少し余裕あり


名称非公開/ Black

Haas(仏)

少し余裕あり


Doe Skin(ドエスキン)/Chocolate

Charles・F・Stead(英)

余裕あり


Antelope/Grey

KLEIN KAROO(南ア)

残り僅か


 

※在庫にない物もお探しいたしますので『こんな革(色)が欲しい』と言うことがあったらお気軽にご相談ください。

2021/8/1

『ニュース』をアップしました。革オタクBROSENT(ブロセント)が恐らく世界でここにしかない革を。。。作りました。買いました、ではありません。フランスが誇る世界的タナリー、≪Annoney(アノネイ)≫のVegano(ヴェガノ)のナチュラルのクロコ型押し、要はアノネイのクロコ型押しのヌメ革です!!

2021/7/31

『作例』にEx.693を追加しました。メダリオンを追加してセミブローグにした≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。一見クラシックなダークブラウン&ホワイトのスペクテーターシューズ、に見えますが、一捻り加えてあります。

『ブログ』を更新しました。明日で終了のSUMMER SALEですが・・・裏技が発覚!?リザード、シャークスキン等、憧れのエキゾチックレザーを使用した靴がSALEでオーダー出来ます。是非この機会にラグジュアリーな1足をオーダーしましょう!

2021/7/30

『作例』にEx.692を追加しました。フリーカラーシステムや希少素材が売りのBROSENTではありますが、こんなオーソドックスなモデルももちろんお作り頂けます。ブラックカーフのキャップトゥオックスフォード≪Lily(リリー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。皆さんのご質問にお答えする連載企画、『BROSENT知恵袋』。本日は『シューツリー』についてよくある質問、『抜くタイミングが分からない』というご質問にお答えします。

2021/7/29

『ブログ』を更新しました。コードヴァンと言えばALDEN(オールデン)が思い浮かびますが、今回染替え(リカラー)でお預かりしたお靴は『HEINRICH DINKELACKER〈ハインリッヒ ディンケラッカー〉』です。左右の色違いを補修させて頂きました。

2021/7/28

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/7/27

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はドレスを2足。イギリス≪John Lobb(ジョンロブ)≫のプレーントゥオックスフォードと、ドメスティック≪MADRAS(マドラス)≫のシングルモンクの染替例です。

『ブログ』を更新しました。夏のセールも残すところ1週間弱となりました。毎度のことなんですが、初めてご来店いただいたお客様から『どんなのが作れるんですか?』とよく聞かれます。そこで本日はどんな靴が出来るのか?もう一度簡単にご説明したいと思います。

2021/7/26

『作例』にEx.691を追加しました。カントリーシューズ的な佇まいのイタリア≪Conceria800≫社の≪ベルーガ≫でお仕立てしたエプロンフロント=ユーチップ≪Leila(レイラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。現在問合せ殺到中の『革の黒ダイヤ』≪黒桟革(くろざんがわ)≫。本日はその基本的なメンテナンス方法と、プロが考えた裏技をご紹介致します。

2021/7/25

『ニュース』をアップしました。世界で数々の賞を取った日本を代表する革、『革の黒ダイヤ』とも称される名革、≪黒桟革(くろざんがわ)≫。その最新作をかけて、クラウドファンディング的なやつ第2弾を行わせていただきます!

2021/7/24

『作例』にEx.690を追加しました。イギリス≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド))の最高級カーフスエード≪スーパーバック≫のダークブラウン≪カフェ≫でお作りしたサイドエラスティック≪Sophia(ソフィア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。今年の夏はいきなり暑いですね。台風も来てる様で昨日開会式だったオリンピックも色々大変続きですね。さて連日の酷暑。。。革靴なんて暑苦しい?そんな事有りません。『清涼感』の有る革靴のご紹介です。

2021/7/23

『作例』にEx.689を追加しました。茶味の強いミディアムブラウンが≪ルネサンスマローネ≫、そしてオレンジ味が強いミディアムブラウンがこちらの≪サンセットブラウン≫です。その≪サンセットブラウン≫で仕上げたダイヤモンドキャップ≪Riley(ライレー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『可愛いぞ!このスペクテーター(コンビ靴)!!』なお靴のご紹介です。

2021/7/22

『ブログ』を更新しました。まだ真夏前ですがお洒落な方達は早いです。今年大注目のブーツが気になってる様ですよ。BROSENTでは素敵な紳士になって頂きたく大人の雰囲気漂う美しいブーツをお仕立て致します。

2021/7/21

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/7/20

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はブーツを2足。初登場かな?アメリカ≪WHITE'S(ホワイツ)≫のレースアップと、イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のチャッカの染替例です。

『ニュース』をアップしました。広島、そして中国地方の皆様、お待たせ致しました!いよいよBROSENT(ブロセント)が中国地方初進出です!!広島三越様にてオーダー会開催決定です!

2021/7/19

『作例』にEx.688を追加しました。既成靴ではまず無いでしょうね。≪ターコイズブルー≫で仕上げたローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。グレーやホワイトと相性抜群です!

『ブログ』を更新しました。スーツスタイル、ジャケットスタイル、又は普段履きに!
色々なシーンできっと活躍してくれる最高峰のスエードでお得にオーダーシューズが作れるチャンスです。

2021/7/18

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『靴を買う時に見るべきポイント』についてのご質問にお答えします。これなら誰にでも分かると思います。

2021/7/17

『作例』にEx.687を追加しました。常連様にお作り頂いた一張羅、ブラックカーフのキャップトゥ=ストレートチップの≪Annie(アニー)≫のご紹介です。ある意味極めてます!

『ブログ』を更新しました。革靴はムレる?そう思ってる方は多いのでは?革の素材にもよりますが本来、革には通気性が有ります。レザーソールにも通気性が有る事から意外と革靴はムレにくいんですよ。夏本番!足元を涼し気!快適な革靴でお洒落に着飾りましょう!

2021/7/16

『作例』にEx.686を追加しました。大きいサイズ=幅が広い、ではないブラックカーフのダブルモンク≪Rebecca(レベッカ)≫のご紹介です。

『ニュース』をアップしました。フランスのアルザス地方にある高品質な革を生産することで有名な≪Haas(ハース)≫の定番素材ユタカーフ。人気のため新たにダークブラウン≪Ebene(エベーネ)≫を追加することにいたしました。

2021/7/15

『ブログ』を更新しました。折角「靴をオーダーするならとことん拘りたい!!」今回は隠し?拘りポイントのご紹介です。どこが「隠し?拘りポイント」なのでしょうか?

2021/7/13

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は某雑誌推奨の2足(笑)。アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンモンクの染替と、フランス≪J.M.Weston(J.Mウェストン)≫のセミブローグの染直しのご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。本日は『偉い人もこれが良いって言ってたさ!』なお靴のご紹介です。特にまだ手持ちの足数が少ない方は必見です!

2021/7/12

『作例』にEx.685を追加しました。BROSENTらしい1足。オリジナルカラー≪ディープグリーン≫で仕上げたスクエアフロント・2アイレットプレーントゥダービー≪Stella(ステッラ)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。紗乃織ブラシは使い手の力加減、ブラシのかけ方や角度など1人1人使用する時の癖を感じ取り、その人が使いやすくなるように寄り添ってくれます。良い道具とは長く使うほどにその良さを実感できるんですね。

2021/7/11

『ブログ』を更新しました。現在BROSENTでは恒例の『Summer Sale』の真っ最中。前半戦にご注文頂いたモデルの人気ベスト5をご紹介しようと思います。また最後にお得な情報もございますので是非ご覧ください。

2021/7/10

『作例』にEx.684を追加しました。英国が誇る世界一のスエードメーカー≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド)』の最高級カーフスエード≪スーパーバック≫で仕立てたダイヤモンドキャップサイドエラスティック≪Maria(マリア)≫のご紹介です。スエード&ラバーソールにすると結構安くなります。その上今ならセールでさらに割引です!

『ブログ』を更新しました。靴のお手入れ(シューケア)に最も大切な道具は私が考えると事「ブラシ」です。ブラシ1本変えるだけで靴磨きは変わります。オススメしたいブラシが入荷しました!

2021/7/9

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日は日英のトラッド系メーカーから2足。イギリス≪John Lobb(ジョンロブ)≫のフルブローグダービーと、日本≪Scotch Grain(スコッチグレイン)≫のエプロンフロントダービーの染替例です。

『ブログ』を更新しました。本日は脱ぎ履きが簡単な靴、エラスティックシューズのご紹介です。面倒くさがり屋さん必見ですよ!!

2021/7/8

『ブログ』を更新しました。スタイリッシュでとても都会的な靴。足元を美しく演出してくれる靴。履くたびに自信が満ち溢れる靴。そんな1足をご提案致します。

2021/7/7

本日は定休日となっております。お問合せの返信は木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2021/7/6

『作例』にEx.683を追加しました。なかなかエグイ。。。もといカッコいいの来ました!BROSENTが別注したグレーのサメ革、シャークスキンでお作りしたグルカサンダル≪Susan(スーザン)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は非常によくある修理『ハーフラバー』についてのご質問にお答えします。貼るメリットとデメリットは?

2021/7/5

『作例』にEx.682を追加しました。サイズ11.0(29.0cm)、幅補正を6ヵ所。BROSENTで作れる最大サイズのショートウィング≪Turner(ターナー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。『ブログ』を更新しました。ハイシャインが中々光らなくてムキになってアレコレ色んな事をしたら色が剥げた。良く有るトラブルですね。究極の仕上げを行いました。題して「何事もなかった様な仕上げ」です。

2021/7/4

『ブログ』を更新しました。本日は新素材≪DoeSkin(ドエスキン)≫のご紹介です。昔から高級素材として知られ、天然で水を弾くので雨対策にもなります。で、どんな素材かと言うと。。。

2021/7/2

『ブログ』を更新しました。本日は前回の続きです。BROSENTで作れる靴の全デザインのご紹介。ストラップ系、スリッポン系、ブーツ他編です。