Tailor of The Foot

~貴方の足をかつてないホールド感で包み込みます~


ブロセントとは?

BROSENTはBROTHER(兄弟)とPRESENT(贈り物)を足した造語です。私たちスタッフ、そしてお客様共々兄弟のように親しみたい。そして私たち兄弟からサービスと言う名の贈り物をしたい。と言う気持ちから名付けました。

 


ブロセントの商品

皆さんご存知でしたか?一般的な靴屋さんではお客様のお足の幅を強引に既成靴にはめ込むため、多くの場合長さが合っていません。その為靴の土踏まずなど多くの箇所がお足にフィットしておらず、その靴の履き心地の良さを十分に享受しきれていない場合が殆どです。一方お足の形状から木型を作り込んだ場合、その価格は数十万円となります。これでは一般所得層の方には高嶺の花です。そこで私たちは新たなオーダーシステムを考案し、既成品のインポート靴程度の価格で、お足の長さ、幅のあった靴をお作りすることにいたしました。私たちが『個靴』と呼ぶ、お一人お一人のお足に合った靴を、買える価格で体験してみませんか?

 

⇒詳しくは『個靴~BROSENTの靴』まで


ブロセントのサービズ

BROSENT(ブロセント)では『靴を長持ちさせること』を前提としたサービスを行っています。この道20年以上のベテランスタッフが常駐する≪メンテナンス≫を始め、一流工場と提携した≪リペア≫なども承っています。

また『飽きた靴』『使いずらくなった靴』『染みが出来た靴』などを復活させる≪染替え≫も行っています。100%染料のみで行う染替えは世界的に見ても貴重で、一般のお客様だけでなく同業者からも依頼が絶えないBROSENTの人気のサービスとなっております。

 

⇒詳しくは『革の染替え』まで


ブロセントの拘り

『品質に拘る』と言うことは『職人さんを大事にする』こととイコールだと私たちは考えます。安いもの、高いものには必ず理由があります。生産者に負担をかけて値段を下げる事は若い職人の成長を妨げ、いつの日か本当に良いものが手に入らなくなる事に繋がります。BROSENT(ブロセント)は職人さんたちとの二人三脚を続けていきたいと考えています。

 

≪主な取引先様≫

セントラル靴、R&D、フカシロ、WinsFactory、安達紙器工業、レナウンインクス、リレメントラボラトリー、西川製帽ほか


BROSENTの目標

BROSENT(ブロセント)は世界基準の靴の『品質』『デザイン』『常識』をご提供していこうと考えています。

その実力は≪ダイナイトソール≫の生産でも知られるイギリスの老舗ラバーソールメーカー≪ハルボロラバー社≫の125周年記念のカレンダーに日本から唯一掲載されたほどです。

BROSENT(ブロセント)は世界基準で勝負していきます!!

 



NEWS&TOPICS

~2022年1月の定休日~

5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)

 

 

 

 

~イベント情報~

1/4(火)~1/30(日)  2022 Winter SALE~普通は手に入らない革買えました+α開催中

 

1/22(土)~1/22(日) 『BROSENT in 札幌大丸』終了しました

 

 

 

 

~限定・希少素材在庫状況~

Photo

名前 / 色

解説

希少性

在庫状況


Elephant(エレファント) / Grey

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Red Brown

J&FJ Baker(英)

残り僅か


Russian Calf(ロシアンカーフ)/ Black

J&FJ Baker(英)

残り僅か


Shark Skin(シャーク)/ Grey

特大

残り僅か


黒桟革/ Black

坂本商店(日)

少し余裕あり


黒桟革/ Jewel Stone

坂本商店(日)

少し余裕あり


黒桟革/ 藍

坂本商店(日)

少し余裕あり


Vegano Embos Crocodile(エンボスクロコ)
Annoney(仏)

特大

余裕あり


Couchevel(クシュベル)/ Indigo

Du Puy(仏)

特大

残り僅か


Dauphin(ドーフィン)/ Black
DEGERMANN(仏)

少し余裕あり


Puma H(プーマH)/ Black

Du Puy(仏)※撥水レザー

残り僅か


Puma H(プーマH)/ Brown

Du Puy(仏)※撥水レザー

残り僅か


Utah Calf(ユタカーフ)/ Black

Haas(仏)

残り僅か


Utah Calf(ユタカーフ)/ Ebene

Haas(仏)

少し余裕あり


名称非公開/ Black

Haas(仏)

残り僅か


Doe Skin(ドエスキン)/Chocolate

Charles・F・Stead(英)

余裕あり


Antelope/Grey

KLEIN KAROO(南ア)

残り僅か


Chateaubriand/White

DuPuy(仏)

余裕あり


 

※在庫にない物もお探しいたしますので『こんな革(色)が欲しい』と言うことがあったらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

~ブログ&ニュース~

2022/1/27

『ブログ』を更新しました。あまり履かなくなってしまった明るめの茶靴。ダークブラウン(焦げ茶)やブラック(黒)に染替えをする事で履く機会が増えるのでは?今回は「ジャランスリヤ」の染替えを行いました。

2022/1/25

『作例』にEx.761を追加しました。かなり濃いめに仕上げた人気色≪ミッドナイトネイビー≫のローファー≪Joan(ジョアン)≫のご紹介です。こういうの1足持っていると重宝しますよ!

『ブログ』を更新しました。先日のオーダー会時大丸様からご依頼があり、フィッティングの講習会を行ってきました!そしてその帰りにオーダー会でご一緒させていただいた靴磨き職人・林田直樹さんのお店『Brift H SAPPORO』にお邪魔してきました。

2022/1/24

『ブログ』を更新しました。人気のVチップ(アルゴンキンフロント)もブロセントが手掛けると斬新且つ新鮮な1足に仕上がります。スタイリッシュなVチップのご紹介です。

2022/1/23

『ブログ』を更新しました。昨日から開催しております札幌大丸様でのオーダー会。本日は『これだけでも見に来る価値ありだと思いますよ!!』と言うもののご紹介です!

2022/1/22

『ブログ』を更新しました。WINTER SALE まもなく終了。残すところ10日を切りました。一部完売した革が有りますがまだまだ自信を持ってオススメ出来る素晴らしい革が若干数残ってます。この機会に上質な革を使用したオーダーシューズを作ってみませんか?

2022/1/21

『ブログ』を更新しました。『それは既成靴には無いでしょうね。。。』と言う靴が欲しい方。そんな時のためにBROSENTがあるんです!!本日は世界的なトップブランドが使うヤギ革≪ARLAN(アルラン)≫≪Sully(スリー)≫のお話です。

2022/1/20

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はちょっと変わったデザインのトラッドシューズを2足。イギリス≪Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)≫のパンチドブラインドブローグと、日本≪Scotch Grain(スコッチグレイン)≫のクォーターブローグの染替え例です。特に後者は顔料を除去したことで質感まで変わっています。

『ブログ』を更新しました。ブラウンカラーのスエードシューズは足元を上品にまとめてくれる事から人気のカラーです。

2022/1/19

毎週水曜日は定休日となっております。お問合せの返信などは木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2022/1/18

『作例』にEx.760を追加しました。ジャケットスタイルから、シンプルゆえにフォーマルスタイルにも対応する万能兵器、ブラックカーフでお仕立てしたプレーントゥオックスフォード≪Grace(グレース)≫のご紹介です。今ならSALE価格でオーダー出来ますよ!!

『ブログ』を更新しました。連載企画『BROSENT知恵袋』。本日は『靴を長持ちさせる方法』についてのご質問にお答えします。

2022/1/17

『作例』にEx.759を追加しました。赤味の強いミディアムブラウン≪マーブルチョコレート≫で仕上げたオックスフォードレースアップ≪Dorothy(ドロシー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。BROSENT(ブロセント)ではビジネスシューズだけではなく普段履きで人気のスリッポンシューズもオーダーでお洒落な1足をお作り頂けます。

2022/1/16

『ニュース』をアップしました。いよいよあと1週間と迫りました。2回目となる≪BROSENT in 札幌大丸≫。本日は『こんな方は是非ご相談ください!』と言うお話です。

2022/1/15

『作例』にEx.758を追加しました。渋いの来ました!某H社も使用しているフランス≪ハース≫のエンボスレザー=型押し≪デルビー≫でお作りしたクウォーターブローグ≪Allison(アリソン)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。世界のトップタナリー「アノネイ」と「デュプイ」を使用したスペシャルなスペクテーター(コンビ)シューズがオーダー頂けるのはまさにBROSENTのウリです。

2022/1/14

『作例』にEx.757を追加しました。イタリアトスカーナ州のタナリー≪Conceria800≫の100%ベジタブルタンニンレザー≪ベルーガ≫を使用したヴァンプシューズ≪Flora(フローラ)≫のご紹介です。

『ニュース』をアップしました。昨年の春訳アリで入荷した≪名もなき型押し≫。入荷後発注が相次ぎ、ほぼ完売となってしまいました。先日別件で革屋さんへお伺いしたところ。。。まだ少しだけ残っていました!!

2022/1/13

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はモカシンシューズを2足。イギリス≪Edward Green(エドワード・グリーン)≫のエプロンフロントと、≪Paraboot(パラブーツ)≫のローファーの染替え例のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。お客様から「こんなオーダーシューズを受けてくれるのはBROSENTだけですよ」と言って頂けることが多々御座います。参考にするイメージ画像も無く想像から染色仕上げを行ったオーダーシューズのご紹介です。

2022/1/12

毎週水曜日は定休日となっております。お問合せの返信などは木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2022/1/11

『オーダーベルト』靴と一緒にオーダーベルトは如何でしょうか?同じ色で作ることも可能です。作例もご覧いただけるので是非。

『作例』にEx.756を追加しました。きっとこの手の靴が一番ヘビロテになるんであろうシンプルなブラックカーフのチャッカブーツ≪Alice(アリス)≫のご紹介です。ポルシェ、ジャガー級の部材使ってます!(笑)

『ニュース』をアップしました。BROSENTに新しい撥水スエードが加わります。その名も≪SPRINGBOK(スプリングボック)≫。生産は世界一(?)有名なスエードタナリー、イギリスの≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド)≫です。

2022/1/10

『ブログ』を更新しました。今期ブーツシリーズで一番売れている「ベルテッドブーツ」のご紹介。オンオフ兼用で幅広く活用できる今の時代に合ったデザインが人気です。

2022/1/9

『作例』にEx.755を追加しました。ほとんどブラックに言えるほど濃く仕上げた≪ニューアーバングレー≫で仕上げたダイヤモンドキャップのサイドエラスティック≪Maria(マリア)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。連載企画『Remember past order』。『素材感を合わせよう!』なお靴のご紹介です。

2022/1/8

『革の染替え』の施術例を追加しました。本日はブーツを2足。アメリカ≪ALDEN(オールデン)≫のコードヴァンレースアップと、ドメスティック≪Soffice&Solid(ソフィス&ソリッド)≫のチャッカブーツの染替え例です。

『ブログ』を更新しました。基本カラー通りじゃなく1足ずつ手染めでニュアンスを変えながら仕上げる事が出来るのはBROSENTならではのオーダーオプションです。

2022/1/7

『作例』にEx.754を追加しました。BROSENTだから出来る渾身の1足。下地にグリーンがボンヤリと透けるオリエンタルなブルー≪ペルシャンブルー≫と、同じカラーで染めた≪リザード≫を使ったコンビのスライドキャップ≪Vickey(ヴィッキー)≫のご紹介です。

『ブログ』を更新しました。昨年末応募していた『第3回クラウドファンディング的なやつ~藍染の黒桟革!』。応募者が規定人数を超えたので、早速頼んでみました!!先日店舗に届いたので、ご紹介しようと思います。

2022/1/6

『ブログ』を更新しました。奇跡的に手に入ったフランスの素晴らしいボックスカーフのブラックが数量限定でSALEでのご案内中です。

2022/1/5

毎週水曜日は定休日となっております。お問合せの返信などは木曜日以降となりますので、予めご了承ください。

2022/1/4

『ブログ』を更新しました。明けましておめでとうございます。BROSENTは本日より始動、そしてSALE開催です。でもブログはベテラン靴好きさんが懐かしがる内容です!

2021/12/28

『作例』にEx.753を追加しました。21A/Wより登場したベルテッドアンクルブーツ≪Patty(パティ)≫のご紹介です。カラーはかなり濃いめの≪クラシックボルドー≫です。

『ニュース』をアップしました。2021年の営業も本日が最終日となります。1年間本当にありがとうございました!そして年明け4日からは恒例のセールです。今回はちょっと凄いです!