Lily&Annie(リリー&アニー)

キャップトゥ=ストレートチップは日中履く靴の中で最もフォーマル度の高いデザインです。

BROSENTでは≪Lily(リリー)≫と≪Annie(アニー)≫と2つのデザインをご用意しています。

≪Lily(リリー)≫はちょっと個性的なアデレイドタイプです。人と違うキャップトゥをお探しの方にピッタリのデザインです。

≪Annie(アニー)≫はレース脇のステッチのデザインを選べる2WAY仕様のキャップトゥです。オーソドックスなキャップトゥをお探しならこちらがピッタリです。

海外、特に本場ヨーロッパではフォーマル靴として認識されていますが、日本では最も人気のあるビジネスシューズの1足とされています。ファーストシューズの1足として、また一張羅の1足として是非お選びください。

 


Lily

 

≪DATA≫
モデル名      Lily(リリー)
デザイン  Cap Toe Oxford

サイズ    4.0~11.0(約22㎝~29㎝)
価格              80,000円+税 ※オプションにより前後します

 

お勧めのコーディネート  BLACK=フォーマル&スーツ
             DARK=スーツ&ジャケット
                                              LIGHT=スーツ&ジャケット


Annie 2019A/W New Model

 

≪DATA≫
モデル名      Annie(アニー)
デザイン  Cap Toe Oxford

サイズ    4.0~11.0(約22㎝~29㎝)
価格              80,000円+税 ※オプションにより前後します

 

お勧めのコーディネート  BLACK=フォーマル&スーツ
             DARK=スーツ&ジャケット
                                              LIGHT=スーツ&ジャケット



「個性的ではあるが華美ではない」とモットウとする『BROSENT(ブロセント)』らしい通称アデレイドと呼ばれる竪琴型のフェイシング。


個性的なパターンを持つカウンターパーツ。パンツがかかると見えなくなるディティールですが、、見えないところまで気を使うのが『BROSENT(ブロセント)』流です。


レース脇のステッチは写真のシングルと、上写真のダブルから選択が可能です。オーソドックスなスタイルがお好みならシングルがお勧めです。


『BROSENT(ブロセント)』では機能性を重視しヌメ革のライニングをお勧めしていますが、フォーマルを意識するならブラックのライニングにすることも可能です。