ブログ『Super Buck(スエード)のご紹介~現在絶好調!』

 

こんにちは、BROSENTの清水です。

BROSENTでは現在≪Winter Sale≫の真っ最中。

ブラックのカーフ、スエード、型押しの3種類の革が対象で15~25%の割引となっております。

当然いつも通りブラックのカーフが一番ご注文が多いんですが、今回はスエードが大健闘しております。

寒いからなのか?リモートワークの方が多いからなのか?

ともかく現在スエードが絶好調です!!

と言うことで、本日は対象となっているスエードをご紹介させていただきます。

 

BROSENTでは現在4種類のスエードを展開していますが、今回対象となっているのが≪Super Buck(スーパーバック)≫と言うスエードで、現在一般的に出回っているカーフスエード(牛さんのスエード)では最高峰と言われるスエードです。

≪John Lobb(ジョンロブ)≫や≪Edward Green(エドワードグリーン)≫などの大御所も使用しています。

 

 

生産はイギリス、いや世界を代表するスエードタナリー(専業と思われてますが、スエード以外も作ってます)、≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド)≫。

創業は1904年、その前身となる≪ウィルソン&ウォーカー≫になると何と1823年まで遡る老舗タナリーです。

 

多くのスエードを生産する≪Charles・F・Stead(チャールズ・F・ステッド)≫ですが、中でも≪Super Buck(スーパーバック)≫は最高峰の一つです。

 

『グッドイヤー製法の靴にとって最高の英国製スエードです。』

 

と、タナリーが自信を持ってお勧めする逸品です。

 

毛足の美しさが売りで、これだけのアップにも耐えられます。

 

スエードと言えば裏側もケバケバしているのが一般的です。

その為裏に生地を充てて補強したりすることもあります。

一方。。。

 

 

こちらの≪Super Buck(スーパーバック)≫の裏側は革の表面、銀面と言われる部分が残してあり、日本では『銀付きスエード』と呼ばれます。

柔らかい上に強度も担保されています。

 

 

BROSENTで扱っているのは全部で6色。

 

 

ブラック。

『ブラックスエードって安い靴しかないんだよね~』とはお客様からよく聞く話。。。

 

 

カフェ。

日本で最も売れているスエードの色がこちらのような濃茶です。

 

 

オールドスナッフ。

『最も英国らしい色』と言われる色。

ヨーロッパでは濃茶より圧倒的にこちらの方が人気です。

 

オータムスパイス。

日本名≪金茶≫。

『この色を履きこなせる人が本当のがオシャレさん』とは、私の弁。。。

 

ガウチョ。

所謂ベージュです。

ぶっちゃけ個人的には好きではないんですが、ローファーからブーツまで意外と需要有。

私のことは無視して結構です。

 

 

ネイビー。

こちらもミラノやパリでは大定番。

オシャレさんなら必ず持っていたい1足。

 

以上です!!

今月の末まで15%オフでご注文いただけますので、スエード靴をお探しの方は是非ご検討を!!

 

ではでは。。。

 

 

 

👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞

 

 

 

 

BROSENTの靴の特徴に関してお知りになりたい方は⇒『個靴~BROSENTの靴』

オーダー方法に関してはお知りになりたい方は⇒『How to Order~オーダーの方法』

BROSENTの靴を買える場所をお知りになりたい方は⇒『アクセス~取扱店舗』

 

BROSENTでは代理店の募集や各種オーダー会なども行っております。詳しくは⇒『法人様向け』