コラム『BROSENT知恵袋Vol.51~底面に触れないで出来る革底のお手入れ方法』

 

こんにちは、BROSENTの清水です。

皆さんの靴に対するお悩みや質問にお答えする『BROSENT知恵袋』。

本日は『レザーソールのメンテナンス』についてのご質問にお答えします。

新型コロナ対策にも役立ちますよ!!

 

そもそもレザーソールのお手入れがなぜ必要なのかご存じですか?

よほど乾燥しない限りアッパーみたいに割れてくることもないのに。。。

理由は。。。

『減りを遅くするため』

 

です。

 

良い例えかどうか分かりませんが、【カツオ】を想像してみてください。

 

 

そちらではございません。

こちらです。

 

 

春が旬のカツオでございます。

こいつを乾燥させると。。。

 

 

鰹節になりますね。

 

 

これを料理では主に削って使う訳ですが、これ生のカツオでやったらどうなりますか?

削れませんよね?

これと同じです。

 

レザーソールも乾燥して固い状態になると鰹節のように削れやすくなります。

適度に栄養を与えて柔軟にすることで削れをある程度遅らせることが出来るのです。

 

前置きが長くなりました。

本題に行きます。

 

現在世界中で猛威を奮っている新型コロナウィルス。

日本が欧米と比べ感染者が少ない理由に家の中で土足じゃないから、と言う説もあるそうです。

それはそうですよね。

どこに菌が落ちてるか分からない所を普段から歩いてる訳ですから、家に中に持ち込まないって言うのは大きいです。

 

で本日の質問です。

 

 

『レザーソールのメンテナンスについて、必要性は理解しているのですが、清潔とは言えないところも歩いていることが思い出されて、どうしてもサボりがちです。直接触れずともメンテナンスできるような道具などはないでしょうか。』

 

 

ございます!

 

レザーソールのメンテナンス方法を順に見ていきましょう。

 

 

結構乾いた状態です。

まずは。。。

 

リムーバーで。。。

 

 

全体を拭っていきます。

汚れを取ると言う意味もあるんですが、メインの理由は『ソールモイスチャライザー(ソールも保湿剤)』の使用量を減らせることです。

乾いた状態もままでやると一気に浸透してしまうので、伸びが悪くなるんですね。

意外と知られていないので、ぜひやってみてください。

 

そして続いて登場するのが本日の主役!

 

 

ペネトレイトブラシです。

通常はアッパーにクリームを塗るために使用しますが、ソールのメンテナンスにも使えるんですね~!!

 

 

こうやってペネトレイトに『ソールモイスチャライザー(ソールも保湿剤)』を取って。。。

 

 

全体に塗っていきます。

 

 

全体が黒っぽくなったら完成です。

 

と言う訳で本日の答えは。。。

 

 

『ペネトレイトブラシをお使いください!!』

 

 

でした。

 

念のため後で手の消毒を行うことも忘れずに!!

 

 

ではでは。。。

 

 

 

引き続きお悩み、疑問、質問を受け付けていきますので、是非お気軽にご質問下さい!!

 

≪質問受付≫

ご質問は『コンタクト』からお願いしたします。

BROSENT知恵袋に質問です、みたいな事を書いておいてください。

あとお名前は出しませんのでご安心ください!

 

 

 

👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞

 

 

 

 

BROSENTの靴の特徴に関してお知りになりたい方は⇒『個靴~BROSENTの靴』

オーダー方法に関してはお知りになりたい方は⇒『How to Order~オーダーの方法』

BROSENTの靴を買える場所をお知りになりたい方は⇒『アクセス~取扱店舗』

 

BROSENTでは代理店の募集や各種オーダー会なども行っております。詳しくは⇒『法人様向け』