ブログ『エンボスレザー(型押し)が気になったらBROSENTへGO!~Yuta Calf&Russian Calfほか編』

 

こんにちは、BROSENTの清水です。

フリーカラーシステムが目立つBROSENTですが、実はエンボスレザー=型押しの種類もかなり。。。まぁまぁ揃っております。

そして意外と人気です。

と言う訳で、本日は前回に引き続きエンボスレザーで作った靴たちをご紹介しようと思います。

前回を見逃した方はぜひそちらもご覧になってみ下さい。⇒ブログ-エンボスレザー(型押し)が気になったらBROSENTへGO!~Beluga&Couchevel編

 

本日はご紹介するのはまずこちら!

 

 

幻の皮革と呼ばれる≪Russian Calf(ロシアンカーフ)≫です。

細かい話は以前のブログ(⇒ニュース『超希少レザー、ベーカーズロシンアンカーフ限定入荷!』)をご覧いただくとして、見た目はひし形のパターンが特徴のエンボスレザーです。

≪ホーウィン≫の≪ハッチグレイン≫なんかも同じパターンをしていますが、あちらはこの≪Russian Calf(ロシアンカーフ)≫の型押しです。

こちらは≪HERMES(エルメス)≫が19世紀当時のレシピで復活の依頼をしたイギリス≪J&JF Baker≫社が手がけている正真正銘の≪Russian Calf(ロシアンカーフ)≫です。

 

靴にすると。。。

 


 

レッドブラウンです。

当時の文献を見ると『ブラック』『レッド』『ホワイト』とあるですが、その『レッド』がこれにあたるんだと思います。

なのでレッドブラウンと呼んでいます。

因みに『ホワイト』はヌメのことだと思います。

今のところ皆さんユーチップでご注文されています。

やはり≪Russian Calf(ロシアンカーフ)≫と言えばユーチップなんでしょうか。。。(;^_^A

最近では様々なデザインのご注文をいただいておりますが、そちらはまた別の機会に。

 

続いてはこちら。

 

 

≪エドワードグリーン≫なんかも使っているので、靴好きの方ならご存知かもしれません。

フランス≪Haas(ハース)≫の≪Yuta Calf(ユタカーフ)≫です。

こちらも詳しいことは過去のブログ(⇒ニュース-Yutacalf(ユタカーフ)Haas限定入荷のご案内)をご覧ください。

当時は限定での入荷だったんですが、革屋さんがレギュラー化したようで今後は定期的に入れることが出来そうです。

 

 

入ったばかりなのでまだ作例が1つしかないのでこちらだけでご容赦を。

≪Couchevel≫と≪Russian Calf≫の中間みたいなパターンです。

履き心地は≪Beluga≫みたいに柔らかいです。

レギュラー化されたのでご要望があればダークブラウンなんかも入れられます。

興味のある方はご相談ください。

 

最後が。。。

 

 

クロコのエンボスレザーです。

これは完璧に私と本間君の趣味です。

これヌメなんでフリーカラーシステムが使えます!!

なので様々なクロコ(調!)の靴をお作りすることが出来ちゃいます。

 


 

左は≪ニューアーバングレー≫、右は≪シャドーブラック(ネイビー)≫に染めた例です。

どちらもちょっと個性があって私好みです。

 

こちらで異常です。

2回に渡ってお送りしたエンボスレザーの特集。

如何でしたでしょうか?

スムースから1歩前進して作りたくなってきませんか?(笑)

きっとお洒落な靴に仕上がりますので、皆さん是非お気軽に挑戦してみて下さい!!

 

現在開催中の『5th Anniversaryフェア』ならロシアンカーフ以外は20%オフになるのでこの機会にぜひ挑戦してみてください!

 

ではでは。。。

 

 

 

👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞👞

 

 

 

まとめてBROSENT知恵袋をご覧になりたい方は⇒『BROSENT知恵袋』

BROSENTの靴の特徴に関してお知りになりたい方は⇒『個靴~BROSENTの靴』

オーダー方法に関してはお知りになりたい方は⇒『How to Order~オーダーの方法』

BROSENTの靴を買える場所をお知りになりたい方は⇒『アクセス~取扱店舗』

 

BROSENTでは代理店の募集や各種オーダー会なども行っております。詳しくは⇒『法人様向け』